お知らせ

<神奈川県からのお知らせ> [2019/01/21]
1月28日(月)に災害時被害状況確認訓練を実施します!

 ★県内(政令市・中核市を含む)に所在する居住系・通所系事業所対象★
 今年は、東京都南部を震源とする震度6強の地震が発生したとの想定で、訓練を実施します。また、「かながわ災害福祉広域支援ネットワーク訓練」と一連のものとして実施します。詳しくは、下記ページをご覧ください。

 神奈川県では、大規模地震や大雨等により県内で大規模な災害が発生した場合等に、県及び市町村等が関係機関と連携し迅速な対応ができるよう、パソコンやスマートフォン、携帯電話等のメール機能を使って障害児者が居住又は通所する事業所(グループホーム等を含む。)の被害状況を確認する機能を「障害福祉情報サービスかながわ」に整備しています。
 この度、大規模災害時に円滑に運用できるよう、次のとおり訓練を実施することといたしましたので、訓練にご参加くださいますようお願いいたします。
 訓練用被害状況調査メールは、お知らせ配信用メールアドレス(パソコン用メールアドレス)及び災害時被害状況調査用メールアドレス(スマートフォン・携帯電話等)の両方に配信します。できる限りスマートフォン・携帯電話等からご回答ください。
 災害は何時発生するかわかりません。また、災害発生時には、停電や電話回線等が不通になることが予想されます。できる限り速やかに情報伝達ができるよう「災害時被害状況調査用メールアドレス」として、スマートフォンや携帯電話(インターネットにアクセスできるもの)等のメールアドレスを登録されていない事業所の皆さんは急ぎご登録ください。
 なお、お知らせ配信用メールアドレス及び災害時被害状況調査用メールアドレスの登録状況は、「事業所メンバー」からログインして確認いただけます。

○訓練等の詳細は、下記をご覧ください。
 文書名:「1月28日(月)に災害時被害状況確認訓練を実施します!」
 URL:http://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/L_Result2.asp?category=66&topid=15
○登録はトップページの「事業所メンバー」から 
 URL:https://www.rakuraku.or.jp/shienhi/60/login.asp
○「災害時被害状況確認システム操作マニュアル(事業者用)」はこちら
 URL:http://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/FileDir/CT22N22.pdf
○問合せ先 神奈川県障害福祉課事業支援グループ
 電話 045-210-4717(直通)
    045-210-4732(直通)

<相模原市からのお知らせ> [2019/01/21]
『パラスポーツトライアル2018inかながわ』参加者募集について

 神奈川県では、東京2020パラリンピック競技大会に神奈川育ちの選手がひとりでも多く出場することを目指し、「神奈川県パラリンピアン育成事業」を実施しています。
 この取組みの一環として、障害のある方がパラリンピック競技を知り、体験するきっかけとして、パラリンピック競技体験会「パラスポーツトライアル2018inかながわ」を平成31年2月3日(日曜日)に、相模原市立けやき体育館で開催します!
 障害のある方はどなたでも参加できますので、この機会にぜひパラリンピック競技を体験してみませんか。(参加無料・要事前申込)

・日   時  平成31年2月3日(日曜日) 13時から16時(受付開始は12時30分)
・場   所  相模原市立けやき体育館
・対 象 者  競技体験は障害のある方(主に肢体不自由、視覚障害、知的障害)が対象
         ※見学はどなたでもできます。
・実施競技  5人制サッカー(視覚)、バドミントン(肢体)、ボッチャ(肢体)
・申 込 み  「参加申込書」に必要事項を記入のうえ、郵送・FAXのいずれかにより事務局にお送りください。
・事 務 局  神奈川県スポーツ局スポーツ課障害者スポーツグループ
 〒231-8588 横浜市中区日本大通1
電話 045-285-0798
 FAX 045-663-0113
・申込期限  平成31年1月25日(金曜日)必着

案内及び申込書は以下の掲載場所に掲載しています。
〇掲載ページ
 「書式ライブラリー」⇒「4.相模原市からのお知らせ」⇒「1.相模原市からのお知らせ」

<横須賀市からのお知らせ> [2019/01/21]
障害相談支援体制に関する会議(第9回)の開催について(傍聴)

日頃より本市福祉行政にご協力いただき厚くお礼申し上げます。

標記につきまして、以下の通り開催予定です。
傍聴をご希望の方は、当日会議開始時間の15分前までに直接会場にお越しください。なお希望者が10名を超えた場合は抽選とさせていただく場合がありますので、あらかじめご承知おきください。

会議名:障害相談支援体制に関する会議(第9回)
日 時:平成31年2月28日(木)午後14時00分から午後16時00分まで
場 所:横須賀市役所分館1階 福祉部会議室
内 容:横須賀市の障害者相談支援体制についての検討
定 員:抽選10人


横須賀市福祉部障害福祉課
担当:大森
TEL:046-822-9398 (直通)
FAX:046-825-6040

<横浜市からのお知らせ> [2019/01/21]
平成30年11月1日・2日実施集団指導のQ&A及び正誤表の掲載について

平成30年11月1日・2日実施の「平成30年度横浜市障害者総合支援法指定事業者集団指導(施設・短期入所・グループホーム)」にご参加いただきましてありがとうございました。
11月22日(木)までとして受け付けておりました質問について回答を掲載いたします。また、正誤表もあわせて掲載いたします。

http://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/FileDir/CT12N1919.pdf

<横浜市(児童)からのお知らせ> [2019/01/21]
横浜市自主勉強の会2018年度第3回公開講座開催のお知らせ

横浜市内障害児通所支援事業所の皆様

横浜市こども青少年局共催
横浜市自主勉強の会 2018年度第3回公開講座を開催します。

詳細は通知をご覧ください
https://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/FileDir/CT114N188.pdf

-------------------以下は通知の抜粋です---------------------------

日時:2019年2月9日(土)
   13:30〜17:15
場所:西区公会堂(横浜市西区岡野1丁目6−41)

【プログラム】
 第一部 13:30〜15:00
 「こどもに伝わるメッセージ  親に届く本当の支援」
  〜こどもに届く支援 そして、障害児相談は何のためにあるべきか〜
  講師:常磐大学教授、(株)越谷心理支援センター顧問 秋山邦久先生
 
 第二部 15:15〜17:15
 グループワーク:「原点にかえる」
  〜事業所での支援が、「虐待」に変わるとき〜

【参加費】
 自主勉強の会会員=500円(当日入会可能です)
 非会員     =1000円
  
【申込期限・申込方法】
 2月1日までに申込書をFAXで送付してください
 FAX送付先 045−303−6165(わくわく未来CAN2)

【注意事項】
 例年早期に満席となる人気講座のため、参加の優先度が設定されています。
 必ず通知をご覧になっていただき、優先順位を記載の上、お申し込みください。

<厚生労働省「福祉用具・介護ロボット実用化支援事業」 神奈川介護ロボットフォーラム参加者募集中!> [2019/01/18]

━2019.1.18配信━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

厚生労働省「福祉用具・介護ロボット実用化支援事業」
神奈川介護ロボットフォーラム(平成31年2月19日)参加者を募集中です!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 神奈川介護ロボットフォーラムとは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(公社)かながわ福祉サービス振興会では、厚生労働省「福祉用具・介護ロボット実用化
支援事業」の一環として、介護現場等で介護ロボットの適切かつ効果的な導入と利活用を
促進するために、地域の関係機関との連携による「神奈川介護ロボットフォーラム」を
開催します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 神奈川介護ロボットフォーラムの開催内容
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.日時:平成31年2月19日(火)10:00〜16:30

2.場所:ウィリング横浜
     (横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内)

  (1)介護ロボットの展示・説明・相談
     10階「介護実習室2」、12階「121-123研修室の一部」
  (2)介護ロボット開発・普及に係るシンポジウム
     12階「121-123研修室」

3.申込方法:下記URLよりお申込み下さい
       https://www.kanafuku.jp/plaza/seminar/detail.php?smn_id=2259

4.参加費:無料(入退場自由)

5.内容:
  (1)介護ロボット(約30機種予定)の展示・説明・相談(10:00〜16:30)

  (2)介護ロボット開発・普及に係るシンポジウム(13:00〜16:30)

     13:00〜13:10 開会
     13:10〜13:25 行政説明
13:25〜13:40 神奈川県「介護ロボット導入支援事業」について
            説明者:公益社団法人かながわ福祉サービス振興会
     13:40〜14:05 平成29年度 介護ロボットを活用した介護技術開発支援モデル
            事業(移乗支援)について
            説明者:社会福祉法人横浜市リハビリテーション事業団
                横浜市総合リハビリテーションセンター
                地域リハビリテーション部 研究開発課
                主任 粂田 哲人 氏(作業療法士)
     14:05〜14:30 平成29年度 介護ロボットを活用した介護技術開発支援モデル
            事業(認知症の見守り支援)について
            説明者:コニカミノルタQOLソリューションズ株式会社
                代表取締役社長 三浦 雅範 氏
     14:30〜14:55 介護ロボットの可能性について
            説明者:高齢者生活福祉研究所
                所長 加島 守 氏(理学療法士)
     14:55〜15:10 平成30年度 介護ロボットニーズ・シーズ連携協調のための
            協議会設置事業について
            説明者:一般社団法人日本作業療法士協会
                プロジェクトコーディネーター リーダー 小林 毅 氏
     15:10〜15:20 休憩
     15:20〜16:30 パネルディスカッション
            テーマ:介護ロボットの活用事例(仮称)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 本メールに関するお問合せ先
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒231-0023 横浜市中区山下町23 日土地山下町ビル9階
公益社団法人かながわ福祉サービス振興会
かなふく人財センター 介護ロボット推進本部
TEL:045-662-9538(直通) FAX:045-671-0295
URL:http://www.kaigo-robot-kanafuku.jp/

<神奈川県からのお知らせ> [2019/01/17]
専門コース別研修(障害児支援)の開催について

専門コース別研修(障害児支援)の開催(H31.2.20(水))について、「障害福祉情報サービスかながわ」に掲載しましたのでお知らせします。
受講を希望される方は、ご案内を確認の上、お申し込みください。
<掲載場所>
「障害福祉情報サービスかながわ」→書式ライブラリ→7「研修会・説明会等のお知らせ」→2「相談支援従事者研修」
http://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/L_Result2.asp?category=128&topid=4

<神奈川県からのお知らせ> [2019/01/16]
平成30年度第3回神奈川県指定障害福祉サービス事業者等指導講習会について

下記のPDFファイルを御覧のうえ、e-kanagawa電子申請システムよりお申込みください。

https://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/FileDir/CT93N83.pdf

当日の説明資料は、平成31年2月7日までに本サイトに掲載いたします。

<神奈川県からのお知らせ> [2019/01/16]
障害福祉サービス事業所等における吹付けアスベスト等使用実態の報告について

★県所管域(横浜市・川崎市・相模原市及び横須賀市を除く。)に所在する事業所対象。
この度、厚生労働省から、「社会福祉施設等における吹付けアスベスト(石綿)等及びアスベスト(石綿)含有保温材等使用実態調査のフォローアップ調査の実施について」依頼がありました。
 つきましては、県所管域(横浜市・川崎市・相模原市及び横須賀市を除く。)に所在する指定障害福祉サービス事業所、指定障害者支援施設、指定相談支援事業所、指定通所支援事業所及び指定障害児入所施設におかれましては、下記ページ掲載の調査依頼等をご確認いただき、平成31年1月11日(金)までにご報告くださいますようお願いいたします。


[書式ライブラリ] 1.神奈川県からのお知らせ → 1 神奈川県からのお知らせ
http://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/L_Result2.asp?category=3&topid=1

○問合せ先 県障害福祉課 事業支援グループ
    電話 045-210-4717(直通)・045-210-4732(直通)

<神奈川県からのお知らせ> [2019/01/16]
障がい者が企業で活躍し続ける支援のために〜K-STEP基礎研修〜を開催

障がい者の就労支援に携わる方を対象に、主に精神障がい者の方を対象とした就労定着支援ツール(K-STEP:川崎就労定着支援プログラム)を紹介し、その基礎研修として、同ツールの概要解説や導入企業による活用事例等を通じて、効果的な定着支援のあり方を学ぶための研修会を開催します。ぜひご参加ください!

【開催概要】
 日時:平成31年2月21日(木曜日) 14:00〜17:00(開場13:30)
 場所:波止場会館 4階大会議室(横浜市中区海岸通1−1)

【内容】
(1)就活と安定就労に役立つセルフケア講座
(2)就労定着支援ツール「K-STEP」の紹介
(3)「K-STEP」の利用企業に学ぶ
 講師:働くしあわせプロジェクト 北村尚弘氏(就労移行支援事業所 働くしあわせJINEN−DO)
 ゲスト:K-STEP導入企業(株式会社湘南ゼミナールオーシャン)と当事者の社員様

【定員】50名(先着順、ご参加いただけない場合のみ連絡します)
【参加費】無料
【主催】神奈川県 産業労働局 労働部 雇用対策課 【共催】川崎市
【申込方法】下記ホームページからの電子申請によりお申込みください。
     http://www.pref.kanagawa.jp/docs/hz2/cnt/f6949/p1005644.html

<神奈川県からのお知らせ> [2019/01/15]
「平成30年度退院後生活環境相談員及び地域援助事業者等研修会」のご案内

 このたび、精神科病院に医療保護等で入院している方の地域移行・地域生活支援を推進する人材育成のため、神奈川県所管域の医療機関等関係機関、相談支援事業所職員向け研修を、件名のとおり開催いたします。
 本人主体の地域移行・地域生活支援について考える良い機会と思いますので、ぜひご参加ください。詳細は、下記に掲載いたしましたので、ご覧ください。
【掲載場所】
 「書式ライブラリ」→「7.研修会・説明会等のお知らせ(県内共通)」→「4 その  他の研修会等のお知らせ」
https://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/L_Result2.asp?category=4&topid=4
【日時】 平成31年2月25日(月)13:30〜15:45
【人数】 145人
【会場】 大和市生涯学習センター 講習室
   (大和市大和南1−8−1 大和市文化創造拠点シリウス6階)
【内容】 <基調講演>
      講師:尾形 多佳士 氏 さっぽろ香雪病院 地域連携支援室長(精神保健         福祉士)
【費用】 無料
【申込方法】申込書に、所属名、氏名、連絡先等記入のうえ、次の申込先までファクシミ      リでお送り下さい。
  申込先 神奈川県精神保健福祉センター調査・社会復帰課 鈴木(圭)・西山宛て
      FAX 045−821−1711
  締切り 平成31年2月12日(火) 
【問合せ先】
 神奈川県精神保健福祉センター調査・社会復帰課 鈴木(圭)・西山
               電話045-821-8822(代表)
 

<川崎市からのお知らせ> [2019/01/15]
1月24日(木)「精神障がい者の住まいと住まい方を考える」セミナーのご案内

【川崎市からのお知らせ】1月24日(木)「精神障がい者の住まいと住まい方を考える」セミナーのご案内です。
日時 1月24日(木)14:00〜16:30
場所 川崎市医師会館3階ホール
内容 第1部 松本ハウスのコント〜統合失調症がやってきた!〜
   第2部 パネルディスカッション〜居住支援から考える、誰もが心豊かに暮らせる地域のネットワーク〜
申込み 申込書にて、FAX044−200−3974へお申込みください。
問合せ TEL044−200−3197(川崎市精神保健福祉センター)

案内及び申込書は以下の掲載場所に掲載しています。
○掲載ページ
 [書式ライブラリ]⇒[3 川崎市からのお知らせ]⇒[1 川崎市からのお知らせ](平成31年1月15日付け記事)

<神奈川県からのお知らせ> [2019/01/15]
障害者地域生活サポート事業等の見直しに係る説明会の開催について

県所管域(指定都市及び中核市を除く)
 障害者支援施設
 障害福祉サービス事業所
 障害児入所施設
 障害児通所支援事業所  管理者 殿

 県では、市町村事業推進交付金に位置付けられている障害者地域生活サポート事業
及び障害者グループホーム運営費補助事業等について、平成31年度より一部見直すこ
とを検討しています。
 つきましては、標記事業に係る見直し予定内容についての事業者向け説明会を次の
通り開催することとしましたので、お知らせします。
 なお、お手数ですが、各会場の定員の事情から、平成31年2月11日(月)までに
e-kanagawa電子申請システムにより、出席者をお知らせください。

1 日時及び会場(※いずれも同一内容です。)
 (詳細は通知をご覧ください。)
 (1) 平成31年2月12日(火) 午後
  神奈川県小田原合同庁舎

 (2) 平成31年2月13日(水) 午前
  かながわ県民活動サポートセンター

 (3) 平成31年2月13日(水) 午後
  神奈川県藤沢合同庁舎

2 申込先URL
 https://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/uketsuke/form.do?id=1546840656176

○通知掲載先
http://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/FileDir/CT3N2630.pdf

<神奈川県からのお知らせ> [2019/01/11]
お知らせ用メールアドレス及び災害時被害状況調査用メールアドレス登録のお願い

 ★政令市、中核市を含む県内の全事業所対象
 現在、県等から各事業所へのお知らせは、原則としてこのお知らせ又はメール配信により行っています。
 重要な情報や緊急のお知らせを見逃すことのないよう、お知らせ配信用メールアドレス(業務用パソコンのメールアドレス)を必ずご登録ください。
 お知らせ配信用メールアドレスを登録したにもかかわらず、1週間以上県等からのお知らせメールが届かない場合には、「仮登録」のままになっていることが考えられます。「事業所メンバー」からログインし、登録状況をご確認のうえ、必要な手続きを行ってください。
 また、この「障害福祉情報サービスかながわ」には、大規模地震や大雨等により県内で大規模な災害が発生した場合等に、県及び市町村等が関係機関と連携し迅速な対応ができるよう、スマートフォンや携帯電話等のメール機能も使って障害児者が通所又は居住する事業所(施設(グループホーム等も含みます。))の被害状況を迅速に確認するためのシステムを備えています。通所系及び居住系の事業所の皆さんは、このシステムに日ごろ業務で使用しているスマートフォン又は携帯電話(インターネットにアクセスできるもの)等のメールアドレスを合わせてご登録ください。
 詳しくは、下記をご覧ください。
 なお、1月28日(月)に、通所系及び入所系の事業所を対象に「被害状況確認訓練」を予定しています。詳しくはあらためてお知らせいたします。

○「障害福祉情報サービスかながわ」へのメールアドレス登録はお済みですか」
 http://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/FileDir/CT66N454.docx
○登録はトップページの「事業所メンバー」から 
 https://www.rakuraku.or.jp/shienhi/60/login.asp
○「障害福祉情報サービスかながわ 事業者管理操作マニュアル」はこちら
 http://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/FileDir/CT22N21.pdf

<神奈川県からのお知らせ> [2019/01/10]
住宅セーフティネット制度に関する研修会のご案内

 障害者等の住宅確保要配慮者への「住まい」に関する支援を行う団体を「居住支援法人」として指定する制度がスタートしています。
 このたび、県内の居住支援法人の取組内容を皆様に知っていただくとともに、居住支援法人と不動産業者又は他の居住支援団体とのネットワーク構築を目的とした研修会を開催いたします。  
 研修会を通じて、地域の連携体制を構築するきっかけとしていただく機会かと思いますので、ぜひご参加ください。
 詳細については、以下に掲載いたしましたので、ご覧ください。
 
【掲載場所】
 「書式ライブラリ」→「7.研修会・説明会等のお知らせ(県内共通)」→「4 その 他の研修会等のお知らせ」
 http://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/L_Result2.asp?category=4&topid=4

【日時】 平成31年1月25日(金) (第一部)13時30分から15時50分
                 (第二部)16時から16時45分まで(入退場自由)
【定員】 70人(先着順) 
【会場】 松村ビル 地下1階「マツ・ムラホール」
     (〒231-0013 横浜市中区住吉町1−13)
【内容】 (第一部)
      講義1 居住支援の目指すもの〜先駆的な取り組みから考える〜
           兵庫県立大学大学院経営研究科客員教授
           (一社)居住支援全国ネットワーク理事 岡田 太造 氏
      講義2 神奈川県内の居住支援法人の活動紹介
           神奈川県指定 居住支援法人
     (第二部(入退場自由))
       参加者と神奈川県指定居住支援法人との個別相談会
【申込方法】申込書に、参加者氏名、連絡先、勤務先名称を記入のうえ、
      FAX(045−664−9359)
      定員になり次第、締め切ります。 
【申込・問合せ先】 神奈川県居住支援協議会事務局((公社)かながわ住まいまちづく
         り協会)
      TEL 045−664−6896
 

<神奈川県からのお知らせ> [2019/01/09]
神奈川県強度行動障害対策研修「氷山モデルに基づいた支援計画作成のプロセス」

 本研修では、「氷山モデルシート」を活用し、行動の意味について理解を深めるとともに、適切な支援方法について検討を行い、支援技術の向上に資することを目的とします。
 
 申込方法等、詳細につきましては、研修案内をご確認ください。



(研修案内掲載場所)
 「書式ライブラリー」
  →「7.研修会・説明会等のお知らせ(県内共通)」
   →「4.その他の研修会のお知らせ」

https://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/L_Result2.asp?category=4&topid=4

<神奈川県からのお知らせ> [2019/01/09]
障がい者グループホーム運営支援窓口の相談利用について

県所管域(指定都市・中核市を除く)
 各指定共同生活援助事業所 管理者 殿

 本県の障害福祉行政の推進につきましては、日頃より格別の御協力を賜り、厚く御礼申し
上げます。
 さて、平成30年7月付けで御案内のとおり、県では、平成30年度より障がい者グループ
ホーム運営支援事業を実施しております。
 当運営支援事業では電話等による相談窓口を開設するとともに、各グループホームを訪問
してアドバイスを行うこととしており、障がい者グループホーム(指定共同生活援助事業)
の運営に関する困りごとや利用者支援上の疑問等について相談をお受けするとともに、必要
に応じて専門家の派遣(いずれも無料)を行っております。
 つきましては、相談内容の例をお示ししますので、ぜひ積極的に御活用ください。

○通知掲載先
[書式ライブラリ]
 →[1.神奈川県からのお知らせ]
  →[1 神奈川県からのお知らせ]
https://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/FileDir/CT3N2624.pdf

<神奈川県からのお知らせ> [2019/01/09]
障がい者グループホーム体験利用促進事業費補助金の活用について

県所管域(指定都市・中核市を除く)
 共同生活援助事業所
 特定相談支援事業所
 障害者支援施設   管理者・施設長 殿

 本県の障害福祉行政の推進につきましては、日頃より格別の御協力を賜り、厚く御礼申
し上げます。
 さて、県では、平成30年度より障がい者グループホーム体験利用促進事業費補助を実施
しています。これは単に障害者支援施設等からの移行を目的とした利用だけでなく、対象
となる利用者の方がグループホームで過ごすことを好まれるかの評価のための体験にも活
用いただけます。
 障害者支援施設等に入所等されている方のため、意思決定支援という観点からも、より
積極的に活用いただくようお願いいたします。

1 補助対象となる方
 ・障害支援区分5又は6の方
 ・障害児入所施設、障害者支援施設、病院その他これに準ずる施設に入所又は入院し
  ている方
 ※本補助の対象とならない方であっても、市町村から支給決定を受けてグループホーム
  を体験利用(国の給付費のみ算定)することは可能です。
 ※本補助が交付決定された場合には、国の給付費に加えて、補助金を交付します。

2 補助額
 (1) 体験利用の支援を提供するための人件費上乗せ相当額
   5,000円/日額
 (2) 体験利用者を受け入れるにあたって要する家賃一部相当額
   利用者が支払うべき家賃の1/2相当額(30,000円/月額を上限)
 ※体験先となるグループホームは、障害者支援施設等と同一法人でも構いませんが、補
  助対象はグループホームになります。

○通知掲載先
[書式ライブラリ]
 →[1.神奈川県からのお知らせ]
  →[1 神奈川県からのお知らせ]
https://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/FileDir/CT3N2626.pdf

<神奈川県からのお知らせ> [2019/01/08]
手話講習会のご案内

神奈川県では事業者の皆様が従業員を対象に開催する手話講習会について、講師派遣に係る費用を県で負担しています。事例なども通して、聴覚障がい者(ろう者)の方へのより良い対応・接遇について考えてみませんか!

 ○案内掲載場所
  県ホームページ「手話言語の普及推進」→「手話講習会」
  http://www.pref.kanagawa.jp/docs/n7j/cnt/f537527/p1192121.html

 ○申込方法
  県ホームページ掲載の「手話講習会 講師派遣依頼票」にご希望の日時等、必要事項をご記入の上、委託先の神奈川県聴覚障害者連盟にファクシミリにてお申込みください。

 ○問合せ先
  神奈川県福祉子どもみらい局福祉部地域福祉課
  電話番号 045−210−4804
  ファクシミリ 045−210−8859
  Eメール shuwa@pref.kanagawa.jp

<横浜市(児童)からのお知らせ> [2019/01/08]
第18回ネットワーク連絡会「放デイ・児発を知ろう!」開催について

平素より、本市の医療・福祉施策に御理解、御協力をいただき厚く御礼を申し上げます。
標記の件につきまして、在宅療養児の地域生活に携わる医師等で設立された「在宅療養児の地域生活を支えるネットワーク」が主催する連絡会を開催いたします。
児童発達支援・放課後等デイサービスの制度及び取組み等を考えること、多職種での情報交換・連携の機会にもなります。
横浜市こども青少年局も事務局として支援しております。

<案内チラシ>
https://www.rakuraku.or.jp/shienhi/liblary/FileDir/CT114N186.pdf
(詳細は案内をご参照ください)

---------------以下、案内チラシの抜粋です-----------------------------

1 日時 平成31年2月20日(水) 午後6時30分から午後8時30分まで
2 会場 横浜市中区桜木町1-1
横浜市健康福祉総合センター 4階 ホール
3 内容 児童発達支援・放課後等デイサービスの制度及び取組み等を多職種で情報共有する
4 参加費 500円
5  申し込み方法 以下のサイトからお申込みください
 https://sites.google.com/site/zaitakuryouyoujinet


次のページを表示
トップページへ