1. 障害福祉サービスガイド
  2. 障害福祉サービスの紹介
  3. 対象者について|知的障害

対象者について

知的障害(ちてきしょうがい)

知的障害とは、概ね18歳頃までの発達期に脳に何らかの障害が発生したため、「考えたり、理解したり、感情をコントロールしたり、話したり」する等の知的な能力やコミュニケーションに障害が生じ、社会生活への適応能力に課題を持つ障害です。

知的障害者は、都道府県等より療育手帳(知的障害者福祉手帳)を交付されており、各種の福祉サービスを利用することができます。横浜市では愛の手帳と呼ばれています。

※ 障害福祉サービスの利用にあたっては、手帳の有無を要件としていません。

障害の程度
境界域 知能指数は70〜85程度。知的障害者とは認定されない場合が多い。
軽度 知能指数は50〜70程度。知的障害者のほとんどがこのカテゴリーに分類される。生理的要因による障害が多く、健康状態は良好であることが多い。
中度 知能指数は35〜50程度。
重度 知能指数は20〜35程度。大部分に合併症が見られる。
最重度 知能指数は20以下。大部分に合併症が見られ、寝たきりの場合もある。一方で、運動機能に問題がない場合、多動などの行為が問題になることがある。

このページのトップに戻る