新着お知らせ一覧
新着お知らせ
神奈川県 からのお知らせ
  • 上から順に新着のお知らせを表示しています。


該当件数:248
1 / 13
 2022/01/21:●神奈川県からのお知らせ●ワクチン追加接種(3回目接種)在宅系サービス事業所も対象
各高齢者施設・住まい及び介護保険事業所 管理者様
 
 本県の高齢者福祉行政の推進につきましては、日頃から御協力いただき厚くお礼申し上げます。
 県では、市町村が行う新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)をより一層進めるとともに、
医療提供体制等を維持するため、接種を希望する医療従事者、高齢者施設従事者等を対象に
大規模接種会場を設け、追加接種を行います。

1 接種期間
令和4年1月22日~3月末
ア 令和4年1月
1月22 日(土曜日)・25 日(火曜日)・30 日(日曜日)・31 日(月曜日)
イ 令和4年2月、3月
各月とも15 日程度実施予定

2 接種の時間帯
平日:午後3時から午後9時まで
土日、休日:午前9時から午後6時まで
※3月21 日(月曜日・祝日)は平日の時間帯で実施

3 会場
新横浜国際ホテルマナーハウス(南館) (横浜市港北区新横浜3-7-8)

4 対象者
・県内在住、在勤の医療従事者等(※1)
・県内在住、在勤の高齢者施設等(※2)の従事者等
  ※1 新型コロナウイルス感染症患者に医療を提供する、もしくは頻繁に接する機会のある施
  設の医療従事者等(医師、看護師、薬剤師、救急隊員、自衛隊職員、保健所職員等)
 ※2 介護保険施設、居住系介護サービス、老人福祉法による施設、高齢者住まい法による
  住宅、生活保護法による保護施設、障害者総合支援法による障害者支援施設等、その他
  の社会福祉法等による施設 
・対象となる高齢者施設
  特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護医療院、介護療養型医療施設、養護老人ホーム、
  軽費老人ホーム、認知症対応型共同生活介護、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅
 ・在宅系サービス事業所も対象となります。
  訪問介護、訪問入浴介護、訪問リハビリテーション、定期巡回・随時対応型訪問介護看護、
  夜間対応型訪問介護、居宅療養管理指導、通所介護、通所リハビリテーション、短期入所生活介護、
  短期入所療養介護、小規模多機能型居宅介護、看護小規模多機能型居宅介護、福祉用具貸与、居宅介護支援
  (注)各介護予防サービス及び介護予防・日常生活支援総合事業(指定サービス・
     介護予防ケアマネジメント)を含む。

対象者の詳細は追加接種(3回目接種)特設サイト(https://www.kanagawa-3rd-vaccineyoyaku.
com/)をご確認ください。
(注)本会場での接種は、上記の職種で、2回目接種の完了から6ヶ月以上経過した方(18
歳以上)が対象となります。

5 接種予定者数
1日800~1,200 人程度、期間中合計4万人程度

6 使用するワクチン
武田/モデルナ社製ワクチン
※1・2回目にファイザー社製ワクチン、アストラゼネカ社製ワクチンを接種された方も接種が可
能です。

7 予約方法
1月14 日(金曜日)午後4時から予約受付開始
下記特設サイトから申込みください(電話での予約受付は行いません)。
追加接種(3回目接種)特設サイト(https://www.kanagawa-3rd-vaccine-yoyaku.com/)

8 接種希望者からの問合せ先
問合せ専用コールセンター
電話番号 0570-55-0638(午前9時から午後5時まで(土日、祝日除く))
特設サイト内にお問合せフォームもあります(24 時間お問合せが可能です)。

【案内チラシの掲載場所】
  介護情報サービスかながわ
→ 書式ライブラリー
    → 11.安全衛生管理・事故関連・防災対策
     → 新型コロナウイルス感染症にかかる情報
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1039&topid=22
 2022/01/21:●神奈川県からのお知らせ● かながわ福祉サービス運営適正化委員会による事業者訪問調査のお知らせ
 本県の社会福祉事業の推進につきましては、日頃格別の御尽力を賜り厚くお礼申し上げます。
 さて、かながわ福祉サービス運営適正化委員会では、苦情解決の仕組みの周知や理解を促進するため、福祉サービス事業者の苦情解決体制や苦情対応状況等を把握し、助言等を行う訪問調査を行っています。訪問を基本としますが、オンラインでも対応します。
 詳細及び申込方法については、下記ページ掲載のご案内をご覧ください。

 http://www.knsyk.jp/c/tekiseika/6acc08c531b05a23bfae8ce336876827

○問合せ先
かながわ福祉サービス運営適正化委員会事務局
電話 045-311-8861
FAX 045-312-6302
Email tekisei@knsyk.jp
 2022/01/20:●神奈川県からのお知らせ●オンライン版 黒岩知事と県民との対話の広場を開催します
黒岩知事と対話してみませんか。どなたでも参加いただけます。

1 開催日時
  令和4年1月31日(月曜日)18時30分から20時00分

2 テーマ
  「コロナ禍における生活困窮者と語る」
コロナ禍で生活に困窮する子どもや女性、若者など当事者の声を聴き、県民の皆様や地域社会の多様な主体と共有することで、誰一人取り残さないというSDGsの理念に基づき、公助と共助を両軸に社会全体で支える困窮者支援の取組に繋げていきます。
当日は、
・地域の子ども食堂を利用されている方
・ひとり親としてお子さんを育てられている方
・児童養護施設で育ち、支援を受けながら自立を目指しているいわゆるケアリーバー
・家族や近親者の介護等を担っている若い世代、いわゆるヤングケアラー(経験者)
や、その支援者等をゲストにお招きします。

このコロナ禍において、困窮の実情などの生の声をお聞きし、共助、公助など支援の取組みに繋げたいと考えていますので、ぜひご参加ください。

3 参加申込み
  1月24日(月曜日)まで

○詳しくはこちら
 オンライン版 黒岩知事と県民との対話の広場 - 神奈川県ホームページ
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/h3e/cnt/f300633/p368990.html
 2022/01/20:●神奈川県からのお知らせ●まん延防止等重点措置に係る感染防止対策の徹底について
各高齢者施設・住まい及び介護保険事業所 管理者様

 本県の新型コロナウイルス感染症対策の推進につきましては、日頃格別の御理解、御協力いただき、厚く御礼申し上げます。
 令和4年1月19日、政府は新型インフルエンザ等対策特別措置法(以下「法」という)に基づくまん延防止等重点措置を1月21日~2月13日まで適用したことを受け、本県では、「特措法に基づくまん延防止等重点措置に係る神奈川県実施方針」(以下「実施方針」という。)を策定し、必要な措置等を行うことといたしました。

つきましては、 高齢者施設等においても感染防止対策の徹底及びサービス提供の継続について、下記事項のほか、引き続き【別紙】のとおり対応をお願いします。
〇 万一、感染が疑われる者が発生した場合は、指定権者に報告してください。また、感染者が一人でも発生した場合には、令和3年3月1日付事務連絡「施設・事業所における新型コロナウイルス感染症に係る報告について」に基づき、施設の情報及び陽性者数等を日次報告webフォームに入力いただき、日々の状況を報告してください(横浜市・川崎市・横須賀市に所在する事業所・施設を除く)。県医療危機対策本部室、保健所、県高齢福祉課等が連携して支援します。(感染拡大防止指導、集中検査の実施、職員応援調整や衛生用品の支援)
(日次報告webフォーム入力マニュアル掲載場所)
 http://www.pref.kanagawa.jp/docs/u6s/covid19/index.html

〇 県では日本財団と連携して高齢者施設等従事者への定期的なPCR検査を実施していますので、週1回の頻度で受検いただくようお願いします。 まだお申し込みいただいていない事業者は【別紙】を参照の上、お申し込みください。

○ 面会については、「高齢者施設における新型コロナウイルス感染症拡大防止面会ガイドライン(第3版)」を活用することにより、感染拡大防止対策に努めていただきながら利用者と家族等との交流の機会を確保していただいているところですが、オンラインを活用するなど感染リスクをできるだけ低く抑えた面会方法を検討の上、実施していただくようあらためてお願いします。

○ なお、介護保険法等では、感染症や自然災害におけるBCP (Business Continuity Plan:事業継続計画)策定の義務付けについて、令和6年3月末までの経過措置期間が設けられていますが、新型コロナウイルス感染症発生を想定したBCPをできるだけ速やかに作成するようお願いいたします。
  BCP策定にあたっては、「介護施設・事業所における新型コロナウイルス感染症発生時の業務継続ガイドライン」等(下記URL参照)を御参照ください。

<厚生労働省ホームページ>
ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 福祉・介護 > 介護・高齢者福祉 > 介護施設・事業所における業務継続計画(BCP)作成支援に関する研修
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/douga_00002.html



【別添】
1 知事メッセージ
2 「特措法に基づくまん延防止等重点措置に係る神奈川県実施方針」


(別紙、別添の掲載場所)
 介護情報サービスかながわ
→ 書式ライブラリー
    → 11.安全衛生管理・事故関連・防災対策
     → 新型コロナウイルス感染症にかかる情報
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1039&topid=22




****************
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課
福祉施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4855
保健・居住施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4857
在宅サービスグループ
TEL 045-210-1111 内線4824
****************
 2022/01/20:●神奈川県からのお知らせ●高齢者施設入所者への経口抗ウイルス薬投薬体制整備に係る対応について
各介護保険事務所 管理者様

 日頃から本件の新型コロナウイルス感染症対策の推進に御協力をいただき、感謝申し上げます。
 さて、県では高齢者施設内での感染拡大及び重症化予防を最重視していることから、以下2点について、ご対応いただきますよう、お願いいたします。

1 貴施設と貴連携医師等との連携強化
貴施設と連携医師等の連携において、患者が発生した際の診療手順等を今一度ご確認いただきますようお願いいたします。

2 貴施設連携医師等による経口抗ウイルス薬投与体制整備のお願い
 経口抗ウイルス薬は発症後5日以内に投与する必要があることから、貴施設連携医師等に薬剤の準備を進めていただくために、薬剤確保に関する手順等を示した別添文書をお渡しいただきますようお願いいたします。

 以上、お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。


神奈川県健康医療局 医療危機対策本部室
問合せフォーム
https://30037ff9.form.kintoneapp.com/public/342c9f2e0c65dd4ef9e47ae05015cf1b11c57e2d4effadeea9ec844a29e29d6e
 2022/01/20:●神奈川県からのお知らせ●共生社会仕組みづくり外出支援モデル事業 活動事例集を作成しました!
県では、交通不便地域において、「暮らしの足」がなく移動手段に困っている人々(高齢者、障がい者、小さな子どもを抱えたご家族など)が病院や買い物などに外出できるように、令和元年度から県内5市(平塚市、小田原市、茅ヶ崎市、秦野市、綾瀬市)10地区において外出支援の取組みをモデル事業として支援してまいりました。
5市10地区の取組みは、人口や地形、体制など、それぞれが地域の特性を踏まえながら、地域住民が主体となり、行政と連携しながら運行や備品・財源調達、連絡調整などを行っています。
このたび、県内各地で地域の支え合いによる移動サービスが推進されるよう、5市10地区の取組みを事例集として取りまとめました。
県HPに掲載しておりますので、ご覧ください。
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/m8u/gaisyutu.html
お問合せ 県共生推進本部室共生グループ ?045(210)4961
 2022/01/18:●神奈川県からのお知らせ●介護施設等への布製マスクの配布希望の申出期間の延長等について
各高齢者施設・住まい及び介護保険事業所 管理者様
 
 本県の高齢者福祉行政の推進につきましては、日頃から御協力いただき厚くお礼申し上げます。
 このことについて、令和4年1月11日付けで厚生労働省老健局高齢者支援課他から別添のとおり事務連絡がありましたのでお知らせします。
国では、布製マスクについて希望する介護施設等へ配布してきたところです。
今般、在庫の解消に向け、介護施設等に加えて、自治体及び個人等についても希望に応じて配布することとされましたが、このたび、申出期間を延長することとなりました。
布製マスクの配布を希望する介護施設等は、国事務連絡の「Ⅰ 介護施設等からの布製マスクの配布希望の申出について」を御確認いただき、施設・事業所ごとにお申し出いただくようお願いします。
また、個人等からの布製マスクの配布希望の申出については、国事務連絡「Ⅲ 個人等からの布製マスクの配布希望の申出について」及び同事務連絡別添2を御確認いただき、各自でお申込みいただくようお願いします。

1 配布希望の申出方法の概要
○申出時期 令和3年12月24日(金)~令和4年1月28日(金)
○申出方法 配布を希望する際は、専用フォームにて必要事項を入力のうえ申出してください。
※ 原則として専用フォームより申出を受け付けておりますが、インターネット環境等により専用フォームからの申出が難しい場合は、電話による申出も可能です。
○厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/mask_haifukibou.html
○電話番号 0120-829-178 (9~18時:土日祝日も実施)
○所要期間 2月以降に順次配布。
○その他  マスクの配布に関して申出者の費用負担はありません。


2 配布対象施設
介護施設等(詳細については、国事務連絡別紙1「配布希望の募集対象となる施設・サービス等の種類」をご参照ください。)。

3 配布枚数・回数
原則として100枚単位で、各施設で必要な枚数を記載してください。100枚未満をご希望の場合は、コールセンターに電話で御相談ください。

4 その他
・毎月配送については、令和3年12月24日以降の新規受付は実施しないとともに、これまで受付を行った毎月配送については令和4年2月末までの配送となります。
・「介護施設等に対する布マスクの配布希望の申出に関するリーフレット」(国事務連絡別添1)が発出されておりますので併せて参考にしてください。

 本事務連絡については、ウェブサイト「介護情報サービスかながわ」に掲載していますので御確認ください。


【掲載場所】
  介護情報サービスかながわ
→ 書式ライブラリー
    → 11.安全衛生管理・事故関連・防災対策
     → 新型コロナウイルス感染症にかかる情報
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1039&topid=22

【神奈川県ホームページ】
「介護事業所等における新型コロナウイルス感染症への対応等について」
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/u6s/covid19/index.html
 2022/01/13:●神奈川県からのお知らせ●介護ロボット公開事業所のオンライン見学会について
 県では、介護ロボットを導入した現場の状況や導入の感想など、現場の生の声を聞くことのできる機会として、介護ロボットの見学会を開催しています。新型コロナウイルス感染防止のためオンラインでの開催となります。見学を希望される場合は、神奈川県高齢福祉課ホームページの「見学申込フォーム」からお申し込みいただくか、「見学申込書」を神奈川県高齢福祉課へFAXしてください。
 
(開催概要)
1 社会福祉法人同塵会 特別養護老人ホーム芙蓉苑
  令和4年2月8日(火)13:30~14:30

2 医療法人社団成仁会 長田病院
  ・令和4年1月19日(水)15:00~16:00
  ・令和4年2月2日(水)15:00~16:00
   
2 社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス介護老人保健施設アゼリア
  令和4年2月1日(火)16:00~17:00
  令和4年2月15日(火)16:00~17:00

※全事業所参加も可能です。

 見学された方からは、
「勤めている事業所でも導入してみたいと思った」
「初めて介護ロボットを見学したが、とてもよく出来ていて、介護される方々も、充実した日々が過ごせるような気がした。」
「実際にロボットが活躍する場面をみせてもらうことで使用するイメージができた」など様々な御感想をいただいております。

 この機会により多くの方に介護ロボットの活用方法等について知っていただければと思います。
 
 詳細については、ホームページ又は介護情報サービスかながわに掲載しています。
1 神奈川県ホームページ
  介護ロボットの公開事業
  http://www.pref.kanagawa.jp/docs/u6s/cnt/f420373/p876440.html
2 介護情報サービスかながわ 
→ライブラリ(書式/通知)→「5.国・県の通知」→「介護ロボット・ICT普及推進」
  https://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=671&topid=6
3 見学申し込みフォーム
  https://dshinsei.e-kanagawa.lg.jp/140007-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=27470

*******************
〒231-8588 横浜市中区日本大通1
神奈川県福祉子どもみらい局 福祉部
高齢福祉課 福祉施設グループ
TEL 045-210-1111(内線4854)
FAX 045-210-8874
 2022/01/12:●神奈川県からのお知らせ●<高齢者福祉施設・住まい及び介護保険事業所向け>「令和4年度 多職種連携推進課程」受講者募集のお知らせ
神奈川県立保健福祉大学実践教育センター(横浜市旭区中尾1-5-1)では、保健・医療・福祉分野の専門者として実務経験が3年以上ある者を対象に「令和4年度 多職種連携推進課程」の開講に係る願書の受付を1月6日から開始しています。
 令和4年度は次の内容にて開講します。

【開催期間】令和4年4月4日(月)から12月中旬までの8か月間

【実施方法】オンライン(Zoomミーティング)、オンデマンド(YouTube等)及び対面により実施します(募集要項別紙参照)。
 専門職が領域を超えて互いに理解し、尊敬し合い、連携・協働するための知識とスキルをともに学びませんか。

 詳しくは、実践教育センターホームページで募集案内及び募集要項をご覧ください。
 https://www.kuhs.ac.jp/jissen/admission/cooperation/


 <問合せ先>
 公立大学法人神奈川県立保健福祉大学
 実践教育センター実践教育部 多職種連携推進課程 担当
 電話045-366-5873(直通) 


【介護情報かながわ 募集案内及び募集要項掲載場所】
書式ライブラリ
 →10 セミナー・講習会・研修
   →  その他
 2022/01/12:●神奈川県からのお知らせ●介護サービス事業所・施設における感染防止対策支援事業における厚生労働省コールセンターの変更及び再周知について
各高齢者施設・住まい、各介護保険事業所 管理者 様

本県の高齢者福祉行政の推進につきましては、日頃からご協力いただき厚くお礼申し上げます。
厚生労働省コールセンターの番号が1月11日から下記の通り変更になりましたのでお知らせします。
各事業所におかれましては、下記【感染防止対策事業の概要】にご案内のとおり、申請期限内に申し込みいただきますようお願いいたします。

厚生労働省 コールセンター
(電話番号)03-3595-3535

1 補助対象となる事業所・施設
基本報酬の0.1%特例の対象としていた、神奈川県内(政令指定都市及び中核市を含む)に所在する通所系、短期入所系、訪問系、多機能型、入所施設・居住系サービス事業所・施設。
※予防、総合事業(通所型、訪問型、介護予防ケアマネジメント)を含みます。
※特定施設入居者生活介護の指定を受けていないサ高住、有料老人ホーム、養護老人ホーム及び軽費老人ホームは含みません。
※新型コロナウイルス感染症の感染者等の発生の有無を問わず申請可能です。

2 補助対象経費
令和3年10月1日~12月31日の期間に、新型コロナウイルス感染症対策のために購入した衛生用品及び備品の費用を、サービス種別毎の上限額の範囲内で補助します。

※対象経費の詳細及び上限額は、5の掲載場所から神奈川県通知「介護サービス事業所・施設における感染防止対策支援事業に係る申請受付等について」内の別紙2対象経費一覧及び別紙3基準単価表を参照してください。
(なお、消費税については対象経費に含まれません。申請の際は税抜き価格で申請してください。)

3 申請受付期間
令和4年1月4日(火)~令和4年1月31日(月)

4 申請方法
(1) 神奈川県国民健康保険団体連合会(国保連)へのインターネット申請
・介護報酬を国保連にインターネット請求している かつ
・国保連からの介護報酬の支払通知に口座情報が印字されている 事業所

(2) 神奈川県のe-kanagawa電子申請システムによる電子申請
・介護報酬を国保連に紙・媒体請求している または
・国保連からの介護報酬の支払通知に口座情報が印字されていない 事業所
 ※やむを得ない事情によりどうしても県への電子申請ができない場合は、マニュアルの14ページを参考に郵送で申請書等を提出してください。
◎申請書様式のダウンロード及び提出先については、下記の掲載場所から申請マニュアルをご覧ください。

5 申請マニュアル・Q&A等掲載場所
【掲載場所】
介護情報サービスかながわ
→ 書式ライブラリー
→ 19.補助金・助成金等
→感染防止対策支援事業(介護分)※0.1%特例に代わる補助金
https://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1108&topid=28



【問合せ先】
<申請手続きに関すること>
神奈川県新型コロナ感染防止対策支援補助金(介護・障害分)コールセンター
電話番号 0570-666-842

<制度に関すること>
厚生労働省 コールセンター
電話番号 03-3595-3535

<電子請求受付システムの操作に関すること>
介護電子請求ヘルプデスク
電話番号 0570-059-402(音声ガイダンス後「2」を押下)
 2022/01/12:●神奈川県からのお知らせ●令和3年度第3回開設予定事業者向け説明会の実施について
開設予定事業者 様

本県の介護保険制度の適正な運営につきましては、日頃格別の御理解をいただき、厚くお礼申し上げます。
さて、介護保険事業の円滑な運営を推進するため、標記説明会を次のとおり実施しますので、開設予定の事業者は原則、参加をお願いします。

●対象
 神奈川県内(横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市を除く市町村)に事業所を開設予定の法人の役員・従業者又は管理者就任予定者

●開催日
令和4年2月9日(水)

●対象サービス
訪問介護、通所介護、訪問看護

●申込方法
出席票に記載の上、FAXにて令和4年2月3日(木)までにお申し込みください。
※募集定員に達し、受講をお断りする場合は、その旨連絡します。なお、受講が可能な場合はご連絡いたしませんので、当日、運営の手引き、出席票(事前に県へFAX送信したもの)等をお持ちの上、直接会場までお越しください。

●時間、会場、持ち物等については、「令和3年度第3回開設予定事業者向け説明会の実施について(通知)」をご確認ください。


●通知及び出席票掲載場所
「介護情報サービスかながわ」(http://www.rakuraku.or.jp/kaigo/)
→ライブラリ(書式/通知)
→10.セミナー・講習会・研修
→令和3年度開設予定事業者向け説明会



問合せ先
神奈川県高齢福祉課 在宅サービスグループ 
電話:045(210)4824  FAX:045(210)8874

 2022/01/11:●神奈川県からのお知らせ●特別養護老人ホーム等の高齢者施設における新型コロナワクチン追加接種の実績調査へのご協力について(依頼)
 各介護保険事業所 管理者様

 新型コロナウイルス感染症対策につきましては、日頃格別の御尽力を賜り厚くお礼申し上げます。
 さて、新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)については、原則として初回接種完了から8か月以上経過した方を対象としていますが、令和3年12月17日厚労省事務連絡「初回接種完了から8か月以上の経過を待たずに新型コロナワクチンの追加接種を実施する場合の考え方」において、初回接種完了から6か月経過した時点で接種可能とする「前倒し接種」の対象者等の考え方が示されました。
 県では、これを前提としつつ、前倒し接種に係る県基本方針の中で、接種対象者の優先順位を次の通り整理し、県内市町村にお知らせをしています。
 1.特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護医療院、介護療養型医療施設の入所者及び従業員、医療従事者
 2.その他高齢者施設入所者及び従事者
 3.通所サービス事業所の利用者及び従事者
 4.病院または有床診療所の入院患者
 ※優先順位 1→2→3→4
 このうち、比較的要介護度が高い入所者が多い、上記1に該当する施設の皆様に対し、感染・重症化予防の観点から、この度別添のとおり入所者及び従事者へのワクチンの追加接種(3回目接種)の状況を把握させていただくための実績調査を行うことといたしました。
 業務ご多忙のところ大変恐れ入りますが、何卒ご協力をいただきますようよろしくお願い申し上げます。

【掲載場所】
 介護情報サービスかながわ
  →書式ライブラリー
   →11.安全衛生管理・事故関連・防災対策
    →新型コロナウイルス感染症にかかる情報
 https://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1039&topid=22


*******************
神奈川県医療危機対策本部室コロナワクチンチーム
担当:馬場、澄田
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/covid19/vaccines/vaccine_shisetsu.html
*******************
 2022/01/11:●神奈川県からのお知らせ●NPO法人向け経営・資金調達セミナー(無料)開催のご案内
介護サービス事業を実施しているNPO法人の皆様へ 

神奈川県内で様々な分野で活躍するNPO法人など非営利団体の皆様の持続的な発展や新たなチャレンジへの取組みを支援するセミナーを開催します。日本政策金融公庫、神奈川県信用保証協会による支援施策の紹介もあります。

【日時】
 2022年2月10日(木曜日)13時30分から16時00分まで

【開催方法】
 オンライン(Zoom) ※受講される方に、ZoomのURLをお送りします。

【内容】
 講義:「クラウドファンディングを学ぼう」 ~~その特徴や成功のコツ~~
 講師:桜井 光(CAMPFIRE パートナー/認定NPO法人藤沢市民活動推進機構)
 
 実践報告:~寄付月間って知ってますか?~ キャンペーン活動に参加して得たものとは
 報告者:寄付月間2021@日本大通り実行委員会
     橋爪 智子(NPO法人日本補助犬情報センター専務理事兼事務局長)
     丸山 伊津紀(認定NPO法人地球学校理事長)
     三坂 慶子(NPO法人Sharing Caring Culture代表理事)
 
【定員】
 35名(先着申込順) ※定員に達した時点で受付を終了させていただきます。
 
【参加費】
 無料(要事前申込)

【参加方法】
 e-kanagawa電子申請システムによる受付となります。詳細は下記HPをご覧ください
 https://www.pref.kanagawa.jp/docs/u3x/soudan/r2shikinchoutatsuseminar.html

【ご予約、ご相談に関するお問合せ先】
 ボランタリー活動相談窓口
 電話 045-312-1121 (内線)4112
 開設時間 火曜~土曜 13時~17時(祝祭日を除く)
 ホームページ:https://www.pref.kanagawa.jp/docs/u3x/soudanmadoguchi.html

【ご予約、ご相談以外に関するお問合せ先】
 かながわ県民活動サポートセンター
 ボランタリー活動サポート課
 電話045-312-1121(代表)内線2823
 2022/01/04:●神奈川県からのお知らせ●「適切なケアマネジメント手法の策定、普及推進に向けた調査研究事業(令和3年度老人保健健康増進等事業)」委員インタビュー動画(第1弾)の公開のご連絡について(情報提供)【その3】
各高齢者施設・住まい
各介護保険事業所   管理者様

 本県の高齢者福祉行政の推進につきましては、日頃から御協力いただき厚くお礼申し上げます。
 このことについて、令和3年12月21日付けで厚生労働省老健局認知症施策・地域介護推進課から別添のとおりの事務連絡がありましたのでお知らせします。
 本事務連絡については、ウェブサイト「介護情報サービスかながわ」に掲載していますので御確認ください。

【掲載場所】
 介護情報サービスかながわ
  → 書式ライブラリー
   → 5.国・県通知
    → その他
 https://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=425&topid=6



****************
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課
福祉施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4855
保健・居住施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4858
在宅サービスグループ
TEL 045-210-1111 内線4840
****************
 2021/12/28:●神奈川県からのお知らせ●介護施設等への布製マスクの配布希望の申出等について
各高齢者施設・住まい及び介護保険事業所 管理者様
 
 本県の高齢者福祉行政の推進につきましては、日頃から御協力いただき厚くお礼申し上げます。
 このことについて、令和3年12月24日付けで厚生労働省老健局高齢者支援課他から別添のとおり事務連絡がありましたのでお知らせします。
国では、布製マスクについて希望する介護施設等へ配布してきたところです。
今般、在庫の解消に向け、介護施設等に加えて、自治体及び個人等についても希望に応じて配布することとされました。
布製マスクの配布を希望する介護施設等は、国事務連絡の「Ⅰ 介護施設等からの布製マスクの配布希望の申出について」を御確認いただき、施設・事業所ごとにお申し出いただくようお願いします。
また、個人等からの布製マスクの配布希望の申出については、国事務連絡「Ⅲ 個人等からの布製マスクの配布希望の申出について」及び同事務連絡別添2を御確認いただき、各自でお申込みいただくようお願いします。

1 配布希望の申出方法の概要
○申出時期 令和3年12月24日(金)~令和4年1月14日(金)
○申出方法 メールにて申請。メール送付時には、厚生労働省ホームページに掲載されている提出様式(エクセルシート)をダウンロードし、必要事項を記載した上で添付する。
○申込先メールアドレス maskhaifukibou@mhlw.go.jp
○厚生労働省ホームページ(提出様式掲載場所)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/mask_haifukibou.html
○電話番号 0120-829-178 (9~18時:土日祝日も実施、ただし12月29日~1月3日は実施していません)
○所要期間 1月中旬以降に準じ配布。
○その他  マスクの配布に関して申出者の費用負担はありません。

2 配布対象施設
介護施設等(詳細については、国事務連絡別紙1「配布希望の募集対象となる施設・サービス等の種類」をご参照ください。)

3 配布枚数・回数
原則として100枚単位で、各施設で必要な枚数を記載してください。100枚未満をご希望の場合は、コールセンターに電話で御相談ください。

4 その他
・毎月配送については、令和3年12月24日以降の新規受付は実施しないとともに、これまで受付を行った毎月配送については令和4年2月末までの配送となります。
・「介護施設等に対する布マスクの配布希望の申出に関するリーフレット」(国事務連絡別添1)が発出されておりますので併せて参考にしてください。

 本事務連絡については、ウェブサイト「介護情報サービスかながわ」に掲載していますので御確認ください。


【掲載場所】
  介護情報サービスかながわ
→ 書式ライブラリー
    → 11.安全衛生管理・事故関連・防災対策
     → 新型コロナウイルス感染症にかかる情報
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1039&topid=22

【神奈川県ホームページ】
「介護事業所等における新型コロナウイルス感染症への対応等について」
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/u6s/covid19/index.html
 2021/12/28:●神奈川県からのお知らせ●オミクロン株まん延等に備えた高齢者施設等従事者へのPCR検査の積極的な受検及び抗原検査キットの活用について(通知)
各高齢者施設・住まい及び各介護保険事業所 御中

日ごろから本県の新型コロナウイルス感染症対策に格段の御理解と御協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
本県では、日本財団と連携して、令和4年3月末まで高齢者施設等従事者への定期的な検査を実施しています。
既に受検している施設等におかれましては、オミクロン株まん延等に備え感染が危惧される間は、受検間隔を週1回に引き上げるなど、頻回に受検をお願いします。 
未だ申し込まれていない施設等におかれましては、下記の【県のPCR検査事業の概要】によりご案内しますので、ぜひお申し込みくださるようお願いします。

また、発熱や咳などの風邪のような症状が出たときに、速やかな抗原検査キットの活用や、従事者は自宅で自ら検査など、セルフチェックすることも可能です。県のホームページで、医療用抗原検査キットが購入できる薬局を紹介していますのでご案内いたします。
県ホームページ「ご家庭には必ず抗原検査キットを常備しましょう!」
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/covid19/antigen-test/index.html
※個人がご家庭で使用するために購入するもので購入費用に対する補助はありません。

【県のPCR事業の概要】
1 申し込み方法
 下記URLからお申し込みをお願いします。
https://form.kintoneapp.com/public/form/show/6e95a1a25c6773dc1bef91b18ec0ce60babc17bd447b6b3bb30225d3d4058771
(短縮URL:https://ux.nu/zuW7p )

※手順書を確認の上申し込みをしてください。手順書は次の掲載場所からご覧ください。
https://www.pref.kanagawa.jp/documents/75211/kaiteiv04.pptx

※既に日本財団でお申し込みの場合は、改めての手続きは不要です。

2 対象施設等
 ・特別養護老人ホーム
 ・介護老人保健施設
 ・介護医療院、介護療養型医療施設
 ・養護老人ホーム
 ・軽費老人ホーム
 ・認知症対応型共同生活介護
 ・有料老人ホーム
 ・サービス付き高齢者向け住宅
 ・小規模多機能型居宅介護・看護小規模多機能型居宅介護
 ・通所系サービス事業所
・訪問系サービス事業所
 ・福祉用具貸与
 ・居宅介護支援事業所等

3 対象職員
  2に記載する施設等で利用者と接する職員
  (常勤・非常勤及び職種は問わず、管理者が感染防止のために必要と判断した者)

4 問い合わせ先
(1)検査や調査に関する問合せ先
    日本財団PCR検査センター
    電話     :050-1741-4180(10:00~18:00 無休)
    FAX      :03-5323-0267
   メールアドレス:corona-testcenter-nf@kinoshita-group.co.jp 

(2)県Web申請フォーム(申込入力フォーム)に関する問合せ
申込入力フォームで事業所名称を検索した結果、事業所が表示されなかった場合は、申込入力フォーム内に「高齢者施設データベース登録・修正フォーム」への案内がありますので、そのページに移動し、求められる項目を入力してください。     
詳しくは別添の手順書「6.検索がヒットしない・登録内容を修正したいときは」をご確認ください。
なお、上記以外の問合せについては、県ホームページのフォームメール(※)に記載し、送信してください。

※ 県 高齢福祉課 ホームページ
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/u6s/index.html
上記URLから高齢福祉課のホームページにアクセスし、画面を一番下までスクロールすると、「福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課へのお問い合わせフォーム」と書かれていますので、そこをクリックしてください。フォームメールの入力画面が開きます。
   

 本通知及び手順書については、ウェブサイト「介護情報サービスかながわ」に掲載していますのでご確認ください。

【掲載場所】
   介護情報サービスかながわ
  → 書式ライブラリー
     → 11.安全衛生管理・事故関連・防災対策
      → 新型コロナウイルス感染症にかかる情報
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1039&topid=22
 2021/12/28:●神奈川県からのお知らせ●年末年始の新型コロナウイルス感染症感染発生時の対応について
 各高齢者施設・住まい
 各介護保険事業所   管理者様

 本県の高齢者福祉行政の推進につきましては、日頃から御協力いただき厚くお礼申し上げます。
 現在、県所管の各施設・事業所において新型コロナウイルス感染症の感染疑い者や感染者が発生した場合(利用者・職員がPCR検査を受けた場合等)には、指定権者へ報告するとともに、下記により当課に御報告いただいているところです。
 当課への報告については、年末年始(12月29日~1月3日)も同様の取り扱いとなりますので、改めて御確認いただきますようお願いします。
また、年末年始は面会の機会も多くなることから、「高齢者施設における新型コロナウイルス感染症拡大防止面会ガイドライン(第3版)」を活用いただき、引き続き感染拡大防止対策に努めていただくようお願いします。

 【感染疑い者が発生した場合】
  ○ 県ホームページのフォームメール※1に
   1.感染疑い者が発生したこと
   2.施設・事業所の電話番号、担当者名
   を記載し、送信してください。

  ○ 当課より折り返し電話にて状況確認(当該疑い者の状況、他の職員、利用者の状況、衛生用品の緊急支援の必要性など)をさせていただきます。
   
 ※1 県 高齢福祉課 ホームページ
   http://www.pref.kanagawa.jp/docs/u6s/index.html
 上記URLから高齢福祉課のホームページにアクセスし、画面を一番下までスクロールすると、「福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課へのお問い合わせフォーム」と書かれていますので、そこをクリックしてください。フォームメールの入力画面が開きます。
   

 【感染者が発生した場合】
  ○ 感染者が一人でも発生した場合には、令和3年3月1日付け事務連絡「施設・事業所における新型コロナウイルス感染症に係る報告について」に基づき、施設の情報及び陽性者数等を日次報告webフォーム※2に入力いただき、日々の状況を報告してください。(政令市・中核市に所在する事業所・施設を除く)
    県医療危機対策本部室、保健所、県高齢福祉課が連携して支援します。(感染拡大防止指導、集中検査の実施、職員応援調整や衛生用品の支援)
 
 ※2 日次報告Webフォーム
 別添、日次報告webフォームポスターのQRコードからアクセスできます。

  〇 感染者や濃厚接触者が発生した場合、介護サービスを継続して提供できるよう、通常時には想定されないかかり増し経費を支援します。

  〇 感染を拡げないための日頃からの注意事項や、陽性確認された入所者への対応について案内するため、「高齢者福祉施設における対応の手引き」(令和3年4月23日)を県高齢福祉課と医療危機対策本部室とで連携し作成したので、日頃からの感染防止対策や入所者に感染者が発生した際の具体的な手順や優先順位を確認し、いざという時に迅速かつ適切に対応できるよう、事前の準備を行ってください。
   【対応の手引き 掲載ページ】
     http://www.pref.kanagawa.jp/docs/u6s/covid19/index.html#%E6%89%8B%E5%BC%95%E3%81%8D

 これまでの新型コロナウイルス感染症に関する県からの事務連絡は、ウェブサイト「介護情報サービスかながわ」及び県ホームページを御参照ください。

(掲載場所)
 ○介護情報サービスかながわ
   → 書式ライブラリー
    → 11 .安全衛生管理・事故関連・防災対策
     → 新型コロナウイルス感染症にかかる情報
      https://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1039&topid=22

 ○神奈川県ホームページ
   「介護事業所等における新型コロナウイルス感染症への対応等について」
    https://www.pref.kanagawa.jp/docs/u6s/covid19/index.html


 問合せ先
  電話 (045)210-1111(代表)
   福祉施設グループ    (内線4855)
   保健・居住施設グループ (内線4857)
   在宅サービスグループ  (内線4824)
 2021/12/27:●神奈川県からのお知らせ●【※リマインド※】オミクロン株蔓延等に備えた高齢者施設入所者への中和抗体療法往診体制整備におけるWebフォーム入力について(依頼)
各介護保険事業所 管理者様

※既にWebフォームに御回答いただいている施設様にもお送りしています。

 日頃から本県の新型コロナウイルス感染症対策の推進に御協力をいただき、感謝申し上げます。
 さて、令和3年12月22日付医危第2650号により、「オミクロン株蔓延等に備えた高齢者施設入所者への中和抗体療法往診体制整備におけるWebフォーム入力について(依頼)」を発出し、Webフォームへの回答依頼をさせていただいております。
 つきましては、御回答をいただいていない施設管理者様につきましては、早急に御回答いただきますようお願いします。

1.連携医師等による中和抗体療法の実施について【回答者:貴施設】 ※回答必須
 貴施設で新型コロナウイルス感染者が発生した場合に、連携医師等が、中和抗体療法の実施が可能か、別添2-1を御参考に御回答いただくようお願いします。
 
 WebフォームURL
 https://30037ff9.form.kintoneapp.com/public/96583c77d1fe3f96a14bb65b6219be28e378eb96854dda869292a6b15c5eae8a

※令和3年12月20日通知に関して、こちらに多く寄せられた問合せ内容について、上記WebフォームにQAを掲載予定ですので、問合せ前に御確認いただくようお願いします。

2.連携医師等による中和抗体療法の実施が可能な場合【回答者:貴施設の連携医師等】
 1において、貴施設の連携医師等が、中和抗体療法の実施が可能とされた場合は、別添2-2を御参考に御回答いただくようお願いします。

 WebフォームURL
 https://30037ff9.form.kintoneapp.com/public/b13fa53ceb94886b194271bf854d072182f18007490e53849bb79faa382d7632


【問合せ先】
 次の問合せWebフォーム からお問合せください。
 https://30037ff9.form.kintoneapp.com/public/342c9f2e0c65dd4ef9e47ae05015cf1b11c57e2d4effadeea9ec844a29e29d6e
 感染症対策グループ 中和抗体療法調整チーム
 2021/12/22:●神奈川県からのお知らせ●高齢者施設等におけるワクチン接種歴等を踏まえた面会に係る事例集について
 各高齢者施設・住まい及び各介護保険事業所 管理者様

 日ごろから本県の新型コロナウイルス感染症対策に格段の御理解と御協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
 このことについて、令和3年12月15日付けで厚生労働省老健局高齢者支援課他から別添のとおり事務連絡がありましたのでお知らせします。
 本事務連絡については、ウェブサイト「介護情報サービスかながわ」に掲載していますのでご確認ください。


【掲載場所】
 介護情報サービスかながわ
  →書式ライブラリー
   →11.安全衛生管理・事故関連・防災対策
    →新型コロナウイルス感染症にかかる情報
 https://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1039&topid=22


****************
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課
保健・居住施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4858
福祉施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4855
在宅サービスグループ
TEL 045-210-1111 内線4842
****************
 2021/12/21:●神奈川県からのお知らせ●介護支援専門員多職種連携研修(医療知識)をオンラインで開催します
本県の福祉行政の推進につきましては、日頃格別の御尽力を賜り厚くお礼申し上げます。
 さて、本県では、地域包括ケアシステムの中核を担う介護支援専門員の総合的な対応力強化と資質向上を目的として、医療をはじめとする多職種との連携及び地域課題に関する研修を実施しています。今回は医療知識に関する研修を実施しますので、ぜひご受講ください。
 なお、本研修は、神奈川県主任介護支援専門員更新研修の受講要件のひとつである「介護支援専門員を対象とした介護支援専門員に係る専門的知識又は技術に関する法定外の研修」に該当します。


1 申込先及び研修に関する問合せ先
  一般社団法人 神奈川県介護支援専門員協会
 電話 045-671-0284
  FAX 045-671-0287

2 日時、実施方法及び内容
  第1回 「脳血管疾患」について
   令和4年1月14日(金)
   午後6時30分~午後8時30分(入室は午後6時から)
   
  第2回 「看取り」について
   令和4年1月27日(木)
   午後6時30分~午後8時30分(入室は午後6時から)
   
  【実施方法】
  実施方法はZoomです。ZoomのID、パスワードは受講決定通知時に御案内します。

  【申込み方法】
  神奈川県介護支援専門員協会ホームページ「ケアマネの森」
(https://www.care-manager.or.jp/)‐研修会情報‐本会主催研修‐多職種連携研修のページに掲載している参加申込フォームからお申込み下さい。
(研修内容ごとに申込フォームが異なります)


3 対象者 神奈川県内の事業所において現に介護支援専門員として従事している者

4 受講料 無料

5 定 員 
  第1回 脳血管疾患  450名
  第2回 看取り    450名(各回先着順)

---------------------------------------
 神奈川県福祉子どもみらい局福祉部
 地域福祉課 福祉介護人材グループ
 電話 045-210-4768