新着お知らせ一覧
新着お知らせ
神奈川県 からのお知らせ
  • 上から順に新着のお知らせを表示しています。


該当件数:259
1 / 13
 2021/05/06:●神奈川県からのお知らせ●介護サービス事業所によるサービス継続について(その3)
各高齢者施設・住まい及び各介護保険事業所 管理者様


 本県の高齢者福祉行政の推進につきましては、日頃からご協力いただき厚くお礼申し上げます。
このことについて、令和3年4月23日付けで厚生労働省労働局高齢者支援課他から別添のとおり事務連絡がありましたのでお知らせします。
 なお、本事務連絡については、ウェブサイト「介護情報サービスかながわ」に掲載していますのでご確認ください。
 本県の対応については、令和3年4月26日付け「まん延防止等重点措置に係る協力のお願い及び感染拡大防止対策の徹底について」により、県から通知しているところですので、そちらを併せてご確認ください。

 【掲載場所】
  介護情報サービスかながわ
→ 書式ライブラリー
    → 11.安全衛生管理・事故関連・防災対策
     → 新型コロナウイルス感染症にかかる情報

   https://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1039&topid=22




****************
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課
在宅サービスグループ  
TEL 045-210-111  内線4840
福祉施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4855
保健・居住施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4857
****************
 2021/05/06:●神奈川県からのお知らせ●「介護支援専門員研修の開催等について」
介護支援専門員専門研修・更新研修の開催や募集については、県ホームページで案内しています。受講の申込みは、各実施機関に直接お問い合わせください。

【介護支援専門員としての実務経験について】
 介護支援専門員証の有効期間が満了していない場合、介護支援専門員証の有効期間中の実務経験の有無によって、受講すべき研修が異なります。
 介護支援専門員の実務経験として認められる範囲については、県ホームページをご確認ください。

【専門研修課程1および実務経験者向け更新研修(専門研修課程1と同内容)】
 ■4月~5月募集■
 ・公益財団法人 総合健康推進財団
 (電話:03-6262-7131)
  募集:令和3年4月14日から令和3年5月6日まで

【専門研修課程2および実務経験者向け更新研修(専門研修課程2と同内容)】
 ■4月~5月募集■
 ・公益財団法人 総合健康推進財団
 (電話:03-6262-7131)
  募集:令和3年4月14日から令和3年5月6日まで

【実務未経験者向け更新研修】
 ■5月募集■
 ・合同会社 介護の未来
 (電話:0463-38-0210)
  募集:令和3年5月7日から令和3年5月27日まで

【再研修】
 ■5月~6月募集■ 
 ・社会福祉法人 神奈川県社会福祉協議会
 (電話:045-311-8731)
 募集:令和3年5月14日から令和3年6月11日まで

【主任介護支援専門員研修】
 令和3年度に実施する研修の実施時期や申込み時期の予定について掲載しました。

【主任介護支援専門員更新研修】
 令和3年度に実施する研修の実施時期や申込み時期の予定について掲載しました。

 本県から各介護支援専門員へ資格更新に関する案内は行っておりません。
 介護支援専門員証の有効期間の更新を希望される方は、ご自身で介護支援専門員証の有効期間満了日を確認の上、更新に必要な研修を計画的に受講、修了し、介護支援専門員証の更新手続きを行ってください。
 
 なお、今後の状況により変更が生じる場合は、県ホームページを通じてお知らせしますので、必ず最新の情報を御確認ください。

 介護支援専門員の研修情報
 http://www.pref.kanagawa.jp/docs/n7j/cnt/f3721/p1091762.html

 主任介護支援専門員研修及び主任介護支援専門員更新研修について
 http://www.pref.kanagawa.jp/docs/n7j/cnt/f3721/p553196.html


****************
231-8588 横浜市中区日本大通1
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部
地域福祉課福祉介護人材グループ
TEL 045-210-4755 
****************
 2021/05/06:●神奈川県からのお知らせ●「令和3年度新任福祉・介護施設等職員合同交流・研修会(前期)歓迎メッセージ『神奈川で共に働く仲間たちへ』」のお知らせ
本県の福祉行政の推進に当たりましては、日ごろから御理解、御協力をいただきお礼申し上げます。
 
 神奈川県では、高齢・障がい・保育・児童等の分野・種別を超えて、初任者の段階から自分自身の今後の専門職としての歩む道のりを仲間と共に確認できる場として、「新任福祉・介護施設等職員合同交流・研修会」を通年で企画しています。
 今回は、歓迎メッセージ「神奈川で共に働く仲間たちへ」を動画配信し、新任職員が専門職としての学び始めの心構えを整え、本県で仕事を進める歓迎の意を表します。法人・事業所の職場研修の一環としてご活用ください。
 
 【主催】    神奈川県
 【実施団体】  社会福祉法人神奈川県社会福祉協議会
 【動画配信期間】令和3年6月9日(水)~7月15日(木)
 【内容】    ・神奈川県から歓迎の言葉
         ・実践者から初任者に向けた応援メッセージ
          社会福祉法人吉祥会 寒川ホーム 副施設長 今村真氏
          公益社団法人神奈川県介護福祉士会 会長 コッシュイシイ美千代氏
 【受講料】   無料(動画視聴のための通信料など受講に係る経費は各自負担)
 【申込期間】  令和3年4月27日(火)~令和3年5月20日(木)17時まで
         ※締切後7月8日(木)17時まで順次受付可(受講決定通知の送付時期が異なります)
【研修申込先】 神奈川県社会福祉協議会福祉研修センターホームページ「新任福祉・介護施設等職員合同交流・研修会」申込フォーム(https://www.kfkc.jp/)
         (施設ごとにお申込みください。)
 【問合せ先】  社会福祉法人神奈川県社会福祉協議会 福祉研修センター
         TEL045-311-1429 FAX045-313-0737(平日8:30~17:15)
         E-mail kensyu@knsyk.jp

 また、8月に現場体験の振り返り、専門職としての目標を作る「新任合同交流・研修会」の開催を予定しています。

 令和3年度は9月から令和3年度新任福祉・介護施設等職員合同交流・研修会(後期)を開催します。9月に歓迎メッセージの配信、11月から12月に新任合同交流・研修会(2会場 県央・湘南地域予定)を開催予定です。

****************
231-8588 横浜市中区日本大通1
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部
地域福祉課福祉介護人材グループ
TEL 045-210-4755 
****************

 2021/04/30:●神奈川県からのお知らせ●大型連休中の新型コロナウイルス感染症感染発生時の対応について
各高齢者施設・住まい及び介護保険事業所 管理者様
(政令市・中核市を除く)

 本県の高齢者福祉行政の推進につきましては、日頃から御協力いただき厚くお礼申し上げます。
 現在、県所管の各施設・事業所において新型コロナウイルス感染症の感染疑い者や感染者が発生した場合(利用者・職員がPCR検査を受けた場合等)には、指定権者へ報告するとともに、下記により当課に御報告いただいているところです。
 当課への報告については、大型連休中(5月1日~5月5日)も同様の取り扱いとなりますので、改めて御確認いただきますようお願いします。

 【感染疑い者が発生した場合】
○ 県ホームページのフォームメール※1に
①感染疑い者が発生したこと
②施設・事業所の電話番号、担当者名
を記載し、送信してください。
○ 当課より折り返し電話にて状況確認(当該疑い者の状況、他の職員、利用者の状況、衛生用品の緊急支援の必要性など)をさせていただきます。
   
※1 県 高齢福祉課 ホームページ
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/u6s/index.html
上記URLから高齢福祉課のホームページにアクセスし、画面を一番下までスクロールすると、「福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課へのお問い合わせフォーム」と書かれていますので、そこをクリックしてください。フォームメールの入力画面が開きます。
   

 【感染者が発生した場合】
○ 感染者が一人でも発生した場合には、令和3年3月1日付け事務連絡「施設・事業所における新型コロナウイルス感染症に係る報告について」に基づき、施設の情報及び陽性者数等を日次報告webフォーム※2に入力いただき、日々の状況を報告してください。(政令市・中核市に所在する事業所・施設を除く)
  
県医療危機対策本部室、保健所、県高齢福祉課が連携して支援します。(感染拡大防止指導、集中検査の実施、職員応援調整や衛生用品の支援)

※2 日次報告Webフォーム
別添、日次報告webフォームポスターのQRコードからアクセスできます。

  〇 感染者や濃厚接触者が発生した場合、介護サービスを継続して提供できるよう、通常時には想定されないかかり増し経費を支援します。(別添チラシ参照)

  〇 感染を拡げないための日頃からの注意事項や、陽性確認された入所者への対応について案内するため、「高齢者福祉施設における対応の手引き」(令和3年4月23日)を県高齢福祉課と医療危機対策本部室とで連携し作成したので、日頃からの感染防止対策や入所者に感染者が発生した際の具体的な手順や優先順位を確認し、いざという時に迅速かつ適切に対応できるよう、事前の準備を行ってください。
   【対応の手引き 掲載ページ】
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/u6s/covid19/index.html#%E6%89%8B%E5%BC%95%E3%81%8D

 これまでの新型コロナウイルス感染症に関する県からの事務連絡は、ウェブサイト「介護情報サービスかながわ」及び県ホームページを御参照ください。

(掲載場所)
○介護情報サービスかながわ
→ 書式ライブラリー
→ 11 .安全衛生管理・事故関連・防災対策
→ 新型コロナウイルス感染症にかかる情報
     https://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1039&topid=22

○神奈川県ホームページ
「介護事業所等における新型コロナウイルス感染症への対応等について」
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/u6s/covid19/index.html


問合せ先
電話 (045)210-1111(代表)
福祉施設グループ    (内線4855)
保健・居住施設グループ (内線4857)
在宅サービスグループ  (内線4824)
 2021/04/28:●神奈川県からのお知らせ●鉄道事業者が実施する大型連休期間の減便等の実施について
 日頃より、貴団体におかれましては、新型コロナウイルス感染症対策にご理解、ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 県内では、新規感染者が増加傾向となり、国は本県をまん延防止等重点措置の区域に指定し、県は、「神奈川県実施方針」に基づき、まん延防止対策に取り組んでいます。

 そうした中、鉄道事業者に対して、緊急事態宣言区域と往来する路線について、週末及び休日における減便等を要請したところ、大型連休期間中に鉄道の減便等が実施されることになりました。
 県では、県のホームページ等で、減便等の内容をお知らせしているところですが、貴職におかれましても、別紙をご活用いただき、利用者等に対して周知を図っていただきますようよろしくお願いします。

県内の減便等の状況
・JR東日本 :京浜東北・根岸線について、連休中の平日の3日間、朝の通勤時間帯で2割程度減便。
・京浜急行電鉄:京急本線について、連休中の平日の3日間、8時台に品川駅を出発する下り線の3本を減便。
連休中の土曜日の2日間については、列車の一部で車両数を減らして運転。


【掲載場所】介護情報サービスかながわ
「ライブラリー(書式/通知)」
>「5.国・県の通知」
>「その他」

問合せ先
県土整備局都市部交通企画課交通企画グループ
電話 045-210-6182(直通)
メール kotsu-kikaku@pref.kanagawa.lg.jp
 2021/04/27:●神奈川県からのお知らせ●有料老人ホームに対する事業の制限命令について
※ このお知らせは、神奈川県内に所在する指定介護保険サービス事業者に送付していま
 す。
  日ごろから、高齢者の福祉サービスの適切な提供にご尽力いただき、誠にありがとうございます。
  本県では、下記のとおり、令和3年4月27日付けで老人福祉法に基づく有料老人ホーム「シルバーハウス風の里」の設置者に対し、事業の制限の処分を行いました。
  皆様におかれましては、これまでも法令を遵守されていることと思いますが、今後も関係各法令を遵守していただくようお願いします。
 なお、処分内容について「介護情報サービスかながわ」の「書式ライブラリー」内に掲載いたしました。
  詳細について、掲載場所は次のとおりです。


(掲載場所)
 介護情報サービスかながわ(http://www.rakuraku.or.jp/kaigonavi/)
 事業者 ライブラリ(書式/通知)
 >書式ライブラリー「5.国・県の通知」
   >「人権関係・不祥事防止・法令遵守」
    >「有料老人ホームの設置者に対する事業の制限について」

*****************
231-8588 横浜市中区日本大通1
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部
高齢福祉課監査グループ 
TEL 045-210-1111(内線4832)
FAX 045-210-8874
*****************


 2021/04/26:●神奈川県からのお知らせ●まん延防止等重点措置に係る協力のお願い及び感染拡大防止対策の徹底について(通知)
各高齢者施設・住まい及び介護保険事業所 管理者様

 令和3年4月24日、新型コロナウイルス感染症神奈川県対策本部会議を開催し、4月28日から5月11日までの対応として、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づくまん延防止等重点措置区域に鎌倉市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市を追加するとともに、「特措法に基づくまん延防止等重点措置に係る神奈川県実施方針」を別添のとおり改正し、飲食店での酒類の提供停止の要請など、更なる感染防止対策を実施することといたしました。

 現在、高齢者施設等でも感染者やクラスターが増加しています。
 社会福祉施設等が提供する各種サービスは、利用者の方々やその家族の生活を継続する上で欠かせないものであり、利用者に対して必要なサービスが継続的に提供されることが重要であることから、今後も、感染防止対策の徹底を継続いただきますようお願いします。
 引き続き、特に次の点にご留意いただきながら対応くださるようお願いします。

1 サービス提供の継続
○ 施設サービス・在宅サービスともに、感染防止対策を徹底の上、必要なサービスが提供されるよう、サービスを継続すること。
○ 在宅サービスにおいて、職員が自宅待機になる等、事業の継続が難しい場合には、ケアマネジャーや市町村と協力し、代替サービスを調整すること。

2 感染防止対策の徹底
○ 感染の疑いを早期に把握するため、毎日の検温、食事等の際における体調の確認を行うこと等により、日頃から利用者の健康の状態や変化の有無等に留意すること。
○ 特に、レクリエーションやリハビリテーション等の実施に当たっては、可能な限り同じ時間帯、同じ場所での実施人数を減らし、利用者同士の距離について、互いに手を伸ばして届く範囲以上の距離を保つこと。また、定期的に換気を行い、清掃を徹底し、共有物については必要に応じて消毒を行うこと。併せて声を出す機会を最小化し、マスクを着用すること。
(カラオケはクラスター発生の要因にもなっていることから、特に留意すること。)
○ 食事の際には、利用者同士の対面を避けるなど、適切な距離を保つこと。
○ 日頃から職員の健康管理に留意し、食堂や詰め所で飲食をする場合はマスク飲食や黙食とし、日々の体調を把握して、少しでも調子が悪ければ自宅待機する等の対策に万全を期すこと。
○ 面会者からの感染を防ぐため、面会は、地域における発生状況等も踏まえ、看取りなど緊急の場合を除き制限するなどの対応について検討すること。その際は本県の「高齢者施設における新型コロナウイルス感染症拡大防止面会ガイドライン」に沿って検討すること。
○ 感染を拡げないための日頃からの注意事項や、陽性確認された入所者への対応について案内するため、「高齢者福祉施設における対応の手引き」(令和3年4月23日)を県高齢福祉課と医療危機対策本部室とで連携し作成したので、日頃からの感染防止対策や入所者に感染者が発生した際の具体的な手順や優先順位を確認し、いざという時に迅速かつ適切に対応できるよう、事前の準備を行うこと。

3 感染疑い・感染発生時の連絡の徹底
○ 感染が疑われる者が発生した場合は、個室隔離等の対応を行い、協力医療機関や地域で身近な医療機関、受診・相談センター等に電話連絡し、指示を受けること。
○ 当該施設内での情報共有を行うとともに、指定権者への報告を行うこと。また、当該利用者の家族等に報告を行うこと。
( 指定権者への速やかな報告により、必要に応じて、緊急的な衛生用品の支援、サービス継続支援につながります。)
○ 感染者が一人でも発生した場合には、令和3年3月1日付事務連絡「施設・事業所における新型コロナウイルス感染症に係る報告について」に基づき、施設の情報及び陽性者数等を日次報告webフォームに入力いただき、日々の状況を報告すること。(政令市・中核市・藤沢市・茅ヶ崎市・寒川町に所在する事業所・施設を除く)
 県医療危機対策本部室、保健所、県高齢福祉課が連携して支援します。(感染拡大防止指導、集中検査の実施、職員応援調整や衛生用品の支援)
○ 所管の保健所等の指示に従い、入所者等の濃厚接触者の特定に協力するとともに、施設の感染拡大の防止のため、ゾーニングや消毒・清掃を実施すること。
○ 感染者や濃厚接触者への対応で生じる追加的人件費や感染対策費等については、サービス継続支援事業により補助対象となること。

4 退院した利用者の受入れ
○ 退院基準を満たし退院をした者や、陽性確認後療養期間を終了した者について、新型コロナウイルス感染症の疑いがあるとして入所を断ることは、受入を拒否する正当な理由に該当せず、感染拡大に伴う病床逼迫を防ぐため、適切に受入れ対応すること。
○ 新型コロナウイルス感染症以外の理由により入院していた患者が退院した場合にも、同様に新型コロナウイルス感染症の疑いがあるという理由で入所を断ることは、受入を拒否する正当な理由に該当しないこと。

5 高齢者施設等従事者へのPCR検査のご案内
○ まん延防止重点措置の適用に当たっての「日本財団と連携した高齢者施設従事者への定期検査の実施」の詳細はあらためてお知らせする予定です。
○ なお、既に日本財団が県内の高齢者施設・介護サービス事業所従事者を対象に無料で週1回PCR検査を実施していますのでご案内します。
○ 日本財団「高齢者施設・介護サービス従事者への無料PCR検査事業」の概要、申込方法等は、日本財団ホームページをご覧ください。
https://www.nippon-foundation.or.jp/what/projects/2020corona/pcr-center
 
 また、その他の詳細な対策については、「社会福祉施設等の感染防止対策の再確認、徹底について」(令和2年12月7日付け本県通知)に基づき、感染防止対策の再確認及び徹底を図っていただくようお願いします。

 【掲載場所】
  介護情報サービスかながわ
→ 書式ライブラリー
    → 11.安全衛生管理・事故関連・防災対策
     → 新型コロナウイルス感染症にかかる情報
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1039&topid=22

【神奈川県ホームページ】
「介護事業所等における新型コロナウイルス感染症への対応等について」
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/u6s/covid19/index.html

問い合わせ先
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課
福祉施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4855
保健・居住施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4857
在宅サービスグループ
TEL 045-210-1111 内線4824
 2021/04/23:●神奈川県●「新型コロナウイルス感染症 高齢者福祉施設での対応の手引き」について(通知)
 高齢者施設等におかれましては、感染拡大防止対策を徹底の上、サービス提供を継続いただいており、大変感謝申し上げます。
 高齢者福祉施設に入所されている方の新型コロナウイルスの陽性が確認された場合、県内病床のひっ迫状況や感染者の病状等に応じて、当該施設での療養をお願いする場合があります。
 そのため、感染を拡げないための日頃からの注意事項や、陽性確認された入所者への対応についてご案内するため、「高齢者福祉施設での療養のしおり」を、県高齢福祉課と医療危機対策本部室(感染症対策班)とで連携して作成し、令和3年1月28日付で送付したところですが、このたび、感染が疑われる者が発生した場合の対応などを追記するなど、皆様のご意見等を反映し、「新型コロナウイルス感染症 高齢者福祉施設における対応の手引き」として改訂いたしましたのでお知らせいたします。

 また、平塚保健福祉事務所において、介護保険事業所における新型コロナウイルス感染予防対策を支援するため、令和2年10月から11月にかけて「出前相談」を実施し、そのあらましを取りまとめた「介護保険関連施設における新型コロナウイルス感染予防対策・出前相談実施報告書」を併せて送付させていただきます。
 特に、P7からは事例と助言内容が分かりやすく示されているので参考にしてください。

 高齢者福祉施設におかれましては、当該手引き等を活用し、引き続き感染拡大防止対策に取り組んでいただくようお願いいたします。

【掲載場所】
   介護情報サービスかながわ
  → 書式ライブラリー
     → 11.安全衛生管理・事故関連・防災対策
      → 新型コロナウイルス感染症にかかる情報
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1039&topid=22
 2021/04/23:●神奈川県からのお知らせ●介護支援専門員法定研修の実施について
特措法に基づくまん延防止等重点措置対象期間中の介護支援専門員法定研修の実施について県ホームページでご案内しましたので、ご確認ください。

 なお、今後の状況により変更が生じる場合は、県ホームページを通じてお知らせしますので、必ず最新の情報を御確認ください。

 介護支援専門員の研修情報
 http://www.pref.kanagawa.jp/docs/n7j/cnt/f3721/p1091762.html

 主任介護支援専門員研修及び主任介護支援専門員更新研修について
 http://www.pref.kanagawa.jp/docs/n7j/cnt/f3721/p553196.html


****************
231-8588 横浜市中区日本大通1
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部
地域福祉課福祉介護人材グループ
TEL 045-210-4755 
****************

 2021/04/22:●神奈川県からのお知らせ●感染対策のための実地での研修に係る令和3年度における第一次募集について(講師が施設等を訪問します!)
各高齢者施設・住まい及び介護保険事業所 管理者様
 
 本県の高齢者福祉行政の推進につきましては、日頃から御協力いただき厚くお礼申し上げます。
 このことについて、令和3年4月20日付で厚生労働省老健局高齢者支援課他から別添のとおり事務連絡がありましたのでお知らせします。
 令和2年度に実施された感染症の専門家による実地での研修について、令和3年度も募集が行われることになりました。(講師が施設等を訪問し、施設等の個別性に応じた指導や助言を受けることができます。)
 研修受講を希望する介護保険施設又は事業所におかれましては、国事務連絡別添「感染症対策のための実地での研修に関する実施要綱(第一次募集)」を御確認の上、お申込みいただくようお願いします。
 なお、応募期間は令和3年5月14日(金)まで(定員に達し次第締切)となっておりますのでご注意ください。
 本事務連絡等については、ウェブサイト「介護情報サービスかながわ」に掲載していますのでご確認ください。


 【掲載場所】
  介護情報サービスかながわ
→ 書式ライブラリー
    → 11.安全衛生管理・事故関連・防災対策
     → 新型コロナウイルス感染症にかかる情報
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1039&topid=22

【神奈川県ホームページ】
「介護事業所等における新型コロナウイルス感染症への対応等について」
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/u6s/covid19/index.html



  ****************
  神奈川県福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課
   福祉施設グループ
   TEL 045-210-1111 内線4855
   保健・居住施設グループ
   TEL 045-210-1111 内線4857
   在宅サービスグループ
   TEL 045-210-1111 内線4824
  ****************
 2021/04/21:●神奈川県からのお知らせ●神奈川県地域医療介護総合確保基金の「介護施設等における新型コロナウイルス感染拡大防止対策支援事業」に係る令和3年度分の調査票の受付について
各高齢者施設・住まい及び介護保険事業所 管理者様

本県の高齢者保健福祉行政の推進につきましては、日ごろから御協力いただき厚くお礼申し上げます。
さて、標記のことについて、介護施設等における新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点から、「介護施設等における新型コロナウイルス感染拡大防止対策支援事業」により簡易陰圧装置の設置、ゾーニング環境等の整備に係る経費支援を実施します。ついては、当該事業の活用が見込まれる補助対象施設を把握し、随時申請受付を行います。
本補助金の交付を希望する施設等については、調査票の提出をお願いします。調査票の内容確認後、申請書類等について別途ご案内させていただきます。

※多床室の個室化については、国要領及び県要綱改定後に改めて周知します。
※換気設備の設置については、別の事業に移管する予定のため、別途ご案内します。

【事業の概要】
〇補助対象経費
1 簡易陰圧装置の設置に係る経費
介護施設等において、感染拡大のリスクを軽減するためには、ウイルスが外に漏れないよう、気圧を低くした居室である陰圧室の設置が有効であることから、居室等に陰圧装置を据えるとともに簡易的なダクト工事等を行う事業が対象(備品購入費、工事費又は工事請負費及び工事事務費等)

 2 介護施設等における感染拡大防止のためのゾーニング環境等の整備に係る経費
 (1) ユニット型施設の各ユニットへの玄関室設置によるゾーニング経費(新設・改修)
ユニット型である介護施設等において、各ユニットの共同生活室の入口に玄関室を設置する等により、消毒や防護服の着脱等を行うためのスペースを設置するための工事等の事業が対象(備品購入費、工事費又は工事請負費及び工事事務費等)

   (2) 従来型個室・多床室のゾーニング経費(改修)
     介護施設等のうち、従来型個室、多床室である介護施設等について、新型コロナウイルス感染症が発生した際に感染者と非感染者の動線を分離することを目的として行う従来型個室・多床室の改修を行う工事等の事業が対象(備品購入費、工事費又は工事請負費及び工事事務費等)

   (3) 2方向から出入りできる家族面会室の整備経費(新設・改修)
介護施設等において、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止しつつ家族との面会を実施するため、家族と利用者が接することのないように面会室への出入り口を複数設け、対面による飛沫防止対策としてアクリル板等の設置をするため工事等の事業が対象(備品購入費、工事費又は工事請負費及び工事事務費等)

※ 国の管理運営要領に合わせ、実施要領の適用日は令和3年4月1日であるため、同日以降に着手した事業が対象
※ 感染者や疑い者の発生の有無に関わらず、予防的に設置する場合も対象

〇補助単価
1 上限4,320,000円×設置台数(定員の5%が上限)
2 (1)1,000,000円×1か所
   (2)6,000,000円×1か所
  (3)3,500,000円×施設・事業所数
※ 予算の範囲内で調整する場合があります。

〇補助対象施設(入所系の介護施設)
・ 特別養護老人ホーム
・ 介護老人保健施設
・ 介護医療院、介護療養型医療施設
・ 養護老人ホーム
・ 軽費老人ホーム
・ 認知症高齢者グループホーム
・ 小規模多機能型居宅介護事業所
・ 看護小規模多機能型居宅介護事業所
・ 有料老人ホーム
・ サービス付き高齢者向け住宅
・ 短期入所生活介護事業所、短期入所療養介護事業所
・ 生活支援ハウス

【掲載場所】
  介護情報サービスかながわ
→ 書式ライブラリー
    → 5.国・県の通知
     → 神奈川県地域医療介護総合確保基金の「介護施設等整備事業」
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=844&topid=6

【提出書類】
令和3年度新型コロナウイルス感染拡大防止対策関連支援事業調査票

【調査票提出先】
fshisetsu.508@pref.kanagawa.jp

【提出期限】
 令和3年5月31日(月)
※ 期限後も随時受け付けます。
*********************
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課
福祉施設グループ
TEL (045)210-1111 内線4854
保健・居住施設グループ
TEL (045)210-1111 内線4856
*********************
 2021/04/20:●神奈川県からのお知らせ●令和3年9月30日までの上乗せ分について
各介護保険事業所 管理者 様

 本県の高齢者福祉行政の推進につきましては、日頃からご協力いただき厚くお礼申し上げます。

このことについて、令和3年3月31日付け厚生労働省老健局介護保険計画課他発出の事務連絡「介護保険事務処理システム変更に係る参考資料の送付について(確定版)」で、介護保険事務処理システム変更の参考資料の内容が確定したところですが、WAMNET掲載の「Ⅰ-資料1_介護報酬の算定構造のイメージ」の各サービス種類における算定構造の下部に記載されているとおり、令和3年9月30日までの間は、各サービス種類の所定単位数の千分の一に相当する単位数の算定が必須となりますので、改めてお知らせします。当該上乗せ分の請求を行わなかった場合、国民健康保険団体連合会の審査において返戻となりますので、ご留意ください。
 当該上乗せ分の請求方法については、「Ⅲ-資料3_介護給付費明細書及び給付管理票記載例」の記載方法を参考にし、介護給付費明細等を作成していただきますようお願いいたします。

 なお、本事務連絡については、ウェブサイト「介護情報サービスかながわ」に掲載していますのでご確認ください。


 【掲載場所】
  介護情報サービスかながわ
→ 書式ライブラリー
    → 18.令和3年度介護保険制度改正・報酬改定
     → 令和3年9月30日までの上乗せ分について
   https://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib.asp?topid=31




****************
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課
電話 (045)210-1111(代表)
在宅サービスグループ (内線 4840~4843)
福祉施設グループ   (内線 4851~4855)
保健・居住施設グループ(内線 4856~4859)
****************
 2021/04/19:●神奈川県からのお知らせ●医療従事者、介護・福祉関係者対象のエイズ・HIV研修会の開催について
神奈川県の医療危機対策本部室より、エイズ・HIVに関する研修のお知らせです。

このたび、次のとおり研修会が開催されることになりましたので、参加を希望される方はお申込みください。
基礎知識からお話ししますので、事前の知識がなくてもご参加いただけます。

【研修内容】
1 日 時 令和3年5月24日(月) 13:00~17:00
2 形 式 オンライン(ZOOM)開催
3 費 用 無料
4 主 催 横浜市立大学附属病院
5 内 容 HIV・エイズの基礎知識、診療の実態等
(講師は、医師・看護師・ソーシャルワーカー等)

【申込方法】
締切:5月20日(木)
横浜市立大学附属病院ホームページ(https://www.yokohama-cu.ac.jp/fukuhp/medical/event/index.html)よりお申込みください。

【詳細】
介護情報サービスかながわ(http://www.rakuraku.or.jp/kaigonavi/)
 →事業者
  →ライブラリー(書式/通知)
   → 10.セミナー・講習会・研修
    →その他
     →神奈川県医療従事者エイズ・HIV診療研修会のご案内
      (https://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=609&topid=21)

【問合せ先】
横浜市立大学附属病院 地域連携課 
地域連携担当 須山
電 話:045-787-2887

 2021/04/16:●神奈川県からのお知らせ●まん延防止等重点措置に係る協力のお願い及び感染拡大防止対策の徹底について(通知)
各高齢者施設・住まい及び介護保険事業所 管理者様

 令和3年4月16日、本県に対し、政府は新型インフルエンザ等対策特別措置法(以下「法」という)に基づくまん延防止等重点措置を4月20日~5月11日まで適用したことを受け、本県では、「特措法に基づくまん延防止等重点措置に係る神奈川県実施方針」を別添のとおり策定し、必要な措置等を行うことといたしました。

 現在、本県においても高齢者施設等で感染者やクラスターが増加しています。
 社会福祉施設等が提供する各種サービスは、利用者の方々やその家族の生活を継続する上で欠かせないものであり、利用者に対して必要なサービスが継続的に提供されることが重要であることから、今後も、感染防止対策の徹底を継続いただきますようお願いします。
 引き続き、特に次の点にご留意いただきながら対応くださるようお願いします。

1 サービス提供の継続
○ 施設サービス・在宅サービスともに、感染防止対策を徹底の上、必要なサービスが提供されるよう、サービスを継続すること。
○ 在宅サービスにおいて、職員が自宅待機になる等、事業の継続が難しい場合には、ケアマネジャーや市町村と協力し、代替サービスを調整すること。

2 感染防止対策の徹底
○ 感染の疑いを早期に把握するため、毎日の検温、食事等の際における体調の確認を行うこと等により、日頃から利用者の健康の状態や変化の有無等に留意すること。
○ 特に、レクリエーションやリハビリテーション等の実施に当たっては、可能な限り同じ時間帯、同じ場所での実施人数を減らし、利用者同士の距離について、互いに手を伸ばして届く範囲以上の距離を保つこと。また、定期的に換気を行い、清掃を徹底し、共有物については必要に応じて消毒を行うこと。併せて声を出す機会を最小化し、マスクを着用すること。
(カラオケはクラスター発生の要因にもなっていることから、特に留意すること。)
○ 食事の際には、利用者同士の対面を避けるなど、適切な距離を保つこと。
○ 日頃から職員の健康管理に留意し、食堂や詰め所で飲食をする場合はマスク飲食や黙食とし、日々の体調を把握して、少しでも調子が悪ければ自宅待機する等の対策に万全を期すこと。
○ 面会者からの感染を防ぐため、面会は、地域における発生状況等も踏まえ、看取りなど緊急の場合を除き制限するなどの対応について検討すること。その際は本県の「高齢者施設における新型コロナウイルス感染症拡大防止面会ガイドライン」に沿って検討すること。
○ 感染を拡げないための日頃からの注意事項や、陽性確認された入所者への対応について案内するため、「高齢者福祉施設での療養のしおり」(令和3年1月27日第1版)を県高齢福祉課と医療危機対策本部室(感染症対策班)とで連携し作成したので、日頃からの感染防止対策や入所者に感染者が発生した際の具体的な手順や優先順位を確認し、いざという時に迅速かつ適切に対応できるよう、事前の準備を行うこと。

3 感染疑い・感染発生時の連絡の徹底
○ 感染が疑われる者が発生した場合は、個室隔離等の対応を行い、協力医療機関や地域で身近な医療機関、受診・相談センター等に電話連絡し、指示を受けること。
○ 当該施設内での情報共有を行うとともに、指定権者への報告を行うこと。また、当該利用者の家族等に報告を行うこと。
( 指定権者への速やかな報告により、必要に応じて、緊急的な衛生用品の支援、サービス継続支援につながります。)
○ 感染者が一人でも発生した場合には、令和3年3月1日付事務連絡「施設・事業所における新型コロナウイルス感染症に係る報告について」に基づき、施設の情報及び陽性者数等を日次報告webフォームに入力いただき、日々の状況を報告すること。(政令市・中核市・藤沢市・茅ヶ崎市・寒川町に所在する事業所・施設を除く)
県医療危機対策本部室、保健所、県高齢福祉課が連携して支援します。(感染拡大防止指導、集中検査の実施、職員応援調整や衛生用品の支援)
○ 所管の保健所等の指示に従い、入所者等の濃厚接触者の特定に協力するとともに、施設の感染拡大の防止のため、ゾーニングや消毒・清掃を実施すること。
○ 感染者や濃厚接触者への対応で生じる追加的人件費や感染対策費等については、サービス継続支援事業により補助対象となること。

4 退院した利用者の受入れ
○ 退院基準を満たし退院をした者や、陽性確認後療養期間を終了した者について、新型コロナウイルス感染症の疑いがあるとして入所を断ることは、受入を拒否する正当な理由に該当せず、感染拡大に伴う病床逼迫を防ぐため、適切に受入れ対応すること。
○ 新型コロナウイルス感染症以外の理由により入院していた患者が退院した場合にも、同様に新型コロナウイルス感染症の疑いがあるという理由で入所を断ることは、受入を拒否する正当な理由に該当しないこと。

5 高齢者施設等従事者へのPCR検査のご案内
○ まん延防止重点措置の適用に当たっての「日本財団と連携した高齢者施設従事者への定期検査の実施」の詳細はあらためてお知らせする予定です。
○ なお、既に日本財団が県内の高齢者施設・介護サービス事業所従事者を対象に無料で週1回PCR検査を実施していますのでご案内します。
○ 日本財団「高齢者施設・介護サービス従事者への無料PCR検査事業」の概要、申込方法等は、日本財団ホームページをご覧ください。
https://www.nippon-foundation.or.jp/what/projects/2020corona/pcr-center
 
 また、その他の詳細な対策については、「社会福祉施設等の感染防止対策の再確認、徹底について」(令和2年12月7日付け本県通知)に基づき、感染防止対策の再確認及び徹底を図っていただくようお願いします。

 なお、本事務連絡については、ウェブサイト「介護情報サービスかながわ」に掲載していますので御確認ください。

【掲載場所】
  介護情報サービスかながわ
→ 書式ライブラリー
    → 11.安全衛生管理・事故関連・防災対策
     → 新型コロナウイルス感染症にかかる情報
http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1039&topid=22

【神奈川県ホームページ】
「介護事業所等における新型コロナウイルス感染症への対応等について」
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/u6s/covid19/index.html


神奈川県福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課
福祉施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4855
保健・居住施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4857
在宅サービスグループ
TEL 045-210-1111 内線4824
 2021/04/16:●神奈川県からのお知らせ【報酬改定関係】●(介護老人福祉施設及び短期入所生活介護) 令和3年度介護報酬改定に係る加算届出一覧表の修正について

各介護老人福祉施設・短期入所生活介護事業所 管理者 様
(指定都市・中核市に所在する施設・事業所を除く)

 令和3年3月31日付けで「介護情報サービスかながわ」に掲載した「加算届出一覧表【介護老人福祉施設】」について、必要書類の一部を修正いたしました。修正箇所は以下のとおりです。
 
 ①LIFEへの登録について申請方法を追記
 (修正前)
   記載なし
 (修正後)
  ・状況一覧表(別紙1)
  ・加算届(別紙2)
  ・加算届管理表
  ・返信用封筒

 ②テクノロジーを導入した場合の日常生活継続支援加算について
 (修正前)
  必要書類に「勤務表(別紙7)を含む
 (修正後)
  「勤務表(別紙7)」を提出不要とする

 ③ADL維持等加算算定にについて
 (修正前)
  必要書類に「ADL維持等加算に係る届出書(別紙19)」を含む
 (修正後)
  「ADL維持等加算に係る届出書(別紙19)」を提出不要とする


 つきましては修正後の一覧表及び加算算定に係る提出書類を以下に掲載いたしましたので、お手数おかけいたしますが御確認のほど何卒よろしくお願いいたします。
 また、今回の修正で提出不要となった届出書等について、すでに提出いただいている事業所においては、こちらで破棄させていただきますので、ご容赦ください。

【掲載場所】
介護情報サービスかながわ
 → ライブラリー(書式/通知)
  → 3.加算届
   → 9.短期入所生活介護
   → 14.介護老人福祉施設
  https://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib.asp?topid=4

----------------------------------------
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課
福祉施設グループ
TEL 045-210-1111(代表)内線4851~4855
FAX 045-210-8874
----------------------------------------
 2021/04/16:●神奈川県からのお知らせ●介護保険最新情報Vol.963「新型コロナウイルス感染症に係る介護サービス事業所の人員基準等 の臨時的な取扱いについて(第20報)」について
各高齢者施設・住まい及び介護保険事業所 管理者様
 
 本県の高齢者福祉行政の推進につきましては、日頃から御協力いただき厚くお礼申し上げます。
今回はワクチン接種に係る取り扱いについてですので、内容をご確認ください。
 さて、令和3年4月5日付けで厚労省老健局高齢者支援課他から事務連絡がありましたのでお知らせします。
 なお、本通知および別添については、ウェブサイト「介護情報サービスかながわ」に掲載しているのでご確認ください。

【掲載場所】
  介護情報サービスかながわ
→ 書式ライブラリー
    → 11.安全衛生管理・事故関連・防災対策
      → 新型コロナウイルス感染症にかかる情報
 http://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1039&topid=22



  ****************
  神奈川県福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課
   福祉施設グループ
   TEL 045-210-1111 内線4855
   在宅サービスグループ
   TEL 045-210-1111 内線4824
   保健・居住施設グループ
   TEL 045-210-1111 内線4857
  ****************
  
 2021/04/13:●神奈川県からのお知らせ【報酬改定関係】●(介護老人福祉施設及び短期入所生活介護) 令和3年度介護報酬改定に係るチェック表の掲載について

各介護老人福祉施設・短期入所生活介護事業所 管理者 様
(指定都市・中核市に所在する施設・事業所を除く)

 令和3年3月31日付けで発出した「令和3年度介護報酬改定に係る加算届の提出について(通知)」に係る令和3年度介護報酬改定後の「チェック表」を「介護情報サービスかながわ」に掲載しましたので、お知らせします。
 従来、チェック表及び誓約書を必要書類として求めていましたが、誓約書は削除することとしました。チェック表についても令和3年度から提出を不要としますが、加算の算定要件等の確認に御活用ください。
 
 
【掲載場所】
介護情報サービスかながわ
 → ライブラリー(書式/通知)
  → 3.加算届
   → 9.短期入所生活介護
   → 14.介護老人福祉施設
  https://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib.asp?topid=4

----------------------------------------
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課
福祉施設グループ
TEL 045-210-1111(代表)内線4851~4855
FAX 045-210-8874
----------------------------------------
 2021/04/12:●神奈川県からのお知らせ● ウェブセミナー『高齢者施設等における感染やクラスター発生時の対応』研修動画アップの告知について
 各高齢者施設・住まい及び介護保険事業所 管理者様

 本県の高齢者福祉行政の推進につきましては、日頃からご協力いただき厚くお礼申し上げます。
このことについて、厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部地域支援班から、令和3年3月18日開催のウェブセミナー動画の掲載先URLについて周知依頼がありましたのでお知らせします。
 なお、本通知および別添については、ウェブサイト「介護情報サービスかながわ」に掲載しているのでご確認ください。
 
【掲載場所】
  介護情報サービスかながわ
→ 書式ライブラリー
→ 11.安全衛生管理・事故関連・防災対策
→ 新型コロナウイルス感染症にかかる情報
       → ウェブセミナー『高齢者施設等における感染やクラスター発生時の対応』研修動画アップの告知について
https://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=1039&topid=22


****************
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課
福祉施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4855
保健・居住施設グループ
TEL 045-210-1111 内線4857
在宅サービスグループ  
TEL 045-210-111  内線4842
****************
 2021/04/09:●神奈川県からのお知らせ●【重要】「介護サービス情報」の公表制度に係る特定福祉用具販売及び特定介護予防福祉用具販売における介護報酬受領額の報告について
特定(介護予防)福祉用具販売事業者 様

日ごろから、介護保険サービスの適正な提供にご尽力いただき、誠にありがとうございます。
さて、標記介護サービスは「介護サービス情報の公表」の対象となっており、前年の介護報酬受領額(利用者負担額を含む。)が100万円を超える事業所(※)については、介護サービス情報の公表が介護保険法上義務付けられています。
ついては、依頼書及び届出様式を下記介護情報サービスかながわ上のウェブページに掲載したので、ご確認の上、届出様式「介護サービス情報の公表制度における報告等の対象(対象外)届」によりご回答くださるようお願いします。

●通知等掲載場所
ウェブサイト 介護情報サービスかながわ
 →(事業者)ライブラリ(書式/通知)
  →国・県の通知
   →福祉用具関連 【在宅サービスグループ】
    →「介護サービス情報」の公表制度に係る介護報酬受領額の報告について
https://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib-list.asp?id=416&topid=6

●提出期限
 令和3年4月30日(金)

●提出方法
 FAX又はメール
・FAXで送付する場合は、045-210-8874 あてご送付ください。
・メールで送付する場合は、kaigohoken-kohyo@pref.kanagawa.lg.jp あてご送付ください。

●提出先
 神奈川県高齢福祉課在宅サービスグループ

******************
 神奈川県福祉子どもみらい局福祉部
高齢福祉課在宅サービスグループ
栁沢、田野
 電話 045-210-4824
 FAX 045-210-8874
******************
 2021/04/09:●神奈川県からのお知らせ●有料老人ホームにおける看護職員の医行為等について
各高齢者施設・住まい及び介護保険事業所 管理者様

 本県の高齢者福祉行政の推進につきましては、日頃から御協力いただき厚くお礼申し上げます。
 このことについて、令和3年3月19日付け厚生労働省老健局高齢者支援課から別添のとおり通知がありましたのでお知らせします。
 なお、本事務連絡については、ウェブサイト「介護情報サービスかながわ」に掲載していますのでご確認ください。

 【掲載場所】
  介護情報サービスかながわ
→ 書式ライブラリー
    → 5.国・県の通知
     → 有料老人ホームにおける看護職員の医行為等について
  https://www.rakuraku.or.jp/kaigo2/60/lib.asp?topid=6


*****************
神奈川県福祉子どもみらい局福祉部高齢福祉課
 保健・居住施設グループ 
 TEL 045-210-1111 内線4857
*****************