かなナビ

介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)の概要

平成27年4月から、介護予防・日常生活支援総合事業(以下「総合事業」といいます。)がスタートし、市町村独自のサービスが提供できるようになりました。

要支援者と二次予防事業対象者(虚弱高齢者など)に対して,介護予防や配食・見守り等の生活支援サービスなど地域で高齢者を支える多様なサービスを,市町村の判断と創意工夫により総合的に提供できる事業です。

総合事業は、「介護予防・生活支援サービス」と「一般介護予防事業」で構成され、高齢者の皆さまの介護予防と日常生活の自立を支援することを目的としています。

1 「介護予防・生活支援サービス」の対象者は要支援1・2に相当する方です。

  1. 要支援1・2の新規認定を受けた方
  2. 要支援1・2の更新認定を受けた方(認定の有効期間が平成27年4月1日以降)
  3. 健康長寿チェックシートで事業の対象者と判定された方
  4. 要支援1・2の認定を受けている方で、区基準型サービスの利用を希望する方

2 利用できるサービス事業は下記の4サービスがあります。

  1. 訪問型サービス…掃除・洗濯等の日常生活上の支援を提供します。
  2. 通所型サービス…機能訓練や集いの場など日常生活上の支援を提供します。
  3. 生活支援サービス…栄養改善を目的とした配食や1人暮らし高齢者等への見守りを提供します。
  4. 介護予防ケアマネジメント…総合事業によるサービス等が適切に提供できるようケアプランの作成をします。

3 利用の流れ