かなナビ

小規模多機能型居宅介護

◆写真及び映像の掲載について
写真及び映像は事業所の同意を得た上で掲載しています。

動画が見られない場合はこちらからご覧ください。

平成18年4月の改正介護保険法施行に伴って導入された地域密着型サービスの一つです。

要介護1~5の認定を受けた認知症などの方が、家庭的な雰囲気の中、住み慣れた地域で通所を 中心に訪問や泊まりで介護を受けるサービスです。訪問や泊まりも、なじみのある通所の事業所や スタッフがサービス提供をするため、安心感があります。

またこのサービスと同時に他の地域密着型サービスや訪問介護・通所介護・ショートステイなど一部の 在宅サービスは使えません。

ケアプランも同一施設内の介護支援専門員(ケアマネジャー)が作成します。利用料は1か月の定額料金で、利用できる事業所は1か所のみです。介護保険の利用料の他に、食費・日常生活費など利用に応じて実費が必要になります。事業所の体制による加算がつく場合もあります。

また地域密着型サービスは、事業所の指定や指導監督を市町村で行うため、原則として事業所のある市町村在住の方が対象となります。

*在宅で要介護1~5の認知症等の方が対象です。要支援1・2の方は介護予防小規模多機能型居宅介護の対象となります。

<平成26年4月現在>1か月の料金のめやす
  • 介護保険自己負担およそ11505~28305円程度
  • 食費(1食)およそ600~900円程度
  • 宿泊費(1泊)およそ3000円程度
  • 日常生活費・おむつ代など適宜

※介護保険自己負担は介護度・加算・地域によっても異なります。

▲「住み慣れた地域で自分らしく」というのが目的です。この事業所は、築数十年の民家を改築した懐かしいたたずまいです。
▲中心となる通所のサービスです。リビングには笑いが絶えません。
▲スタッフとの会話や、貼り絵・ぬり絵の制作など、思い思いに過ごします。
▲池の金魚やコイに餌をあげるのも、楽しみの一つです。住み慣れた我が家に居るようです。
▲健康チェックをして異常がなければ入浴をします。一人ずつ、スタッフが介助してゆったりと入ります。
▲まるで家族のように、利用者とスタッフが台所で調理をしたり、食事やおやつを食べたりします。
必要な方には、食事介助もします。
▲歩ける方は歩いて通われますが、送迎車により自宅までの安全な送迎もしています。
▲通い慣れたデイサービスの部屋に泊まることもできます。スタッフが訪問して介助することもでき、利用者の状況に合わせて、柔軟な対応ができることが特色です。
事業所を検索する

介護サービス紹介

相談サービス
(ケアプラン作成や相談が受けられるサービス)
訪問系サービス
(在宅で受けられるサービス)
通所系サービス
(通いで受けられるサービス)
居住系サービス
(居住して受けるサービス)
施設サービス
(施設に入所して受けるサービス)
短期入所サービス、看護小規模多機能型居宅介護