かなナビ

短期入所生活介護

◆写真及び映像の掲載について
写真及び映像は事業所の同意を得た上で掲載しています。

動画が見られない場合はこちらからご覧ください。

在宅で要介護状態の方が、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)等に短期間滞在し、食事・入浴・排泄・着替え・レクリエーションなどの日常生活の介護を受けるサービスです。

一人暮らしの方の自立支援と、家族の介護が一時的に困難になったときのレスパイトケアとしての役割があります。

介護保険の利用料の他に部屋代(タイプによって料金が違います)・食費・日常生活費が実費でかかり、送迎・機能訓練・療養食などのサービスを利用した場合や、事業所の体制による加算が つく場合もあります。

介護保険は使えませんが、有料老人ホーム(1泊1万円前後~)や最近ではデイサービス事業所などが独自に料金(1泊1000円前後~)を設定して泊まりのサービスを行う所もあります。

*在宅で要介護1~5の方が対象です。要支援1・2の方は介護予防短期入所生活介護の対象となります。

<平成26年4月現在>1日の利用料金のめやす
  1. 多床室(2人以上)介護保険自己負担およそ686円~964円程度+部屋代320円~
  2. 従来型個室介護保険自己負担およそ612円~895円程度+部屋代1150円~
  3. ユニット型個室介護保険自己負担およそ715円~998円程度+部屋代1970円~
  4. 上記の他、1日食費およそ1400円~1900円程度、日常生活費適宜(ただし、おむつ代は介護保険に含まれます。)
※介護保険自己負担は加算・地域によっても異なります。収入の少ない方には部屋代・食費が軽減される制度(介護保険負担限度額認定証)があります。
▲自宅と施設の送迎は車イス対応の送迎車で行いますが、家族による送迎の方もいます。
原則として、入退所時は家族の付き添いが必要ですが、施設によっては相談に応じてくれるところもあります。
▲緑が目を和ませてくれます。
皆でゆったり過ごす共有スペースです。
▲居室です。
ここではすべて個室になっています。 介護ベッドと整理ダンス、洗面所、トイレも付いています。
▲廊下には手すりがついており、障害物もなく、転倒を防止する配慮がなされています。
▲入浴はスタッフの介助で檜(ヒノキ)の一人用浴槽にゆっくり入ります。
▲栄養士による献立を、清潔な厨房でスタッフが調理します。
利用者においしい食事を提供できるよう、力を合わせます。
▲食事やおやつは食堂で皆でいただきます。
何回か利用されている方は、顔見知りになったり、交流が生まれます。
▲ショートステイの間、快適に過ごせるように、スタッフが笑顔で対応します。
事業所を検索する

介護サービス紹介

相談サービス
(ケアプラン作成や相談が受けられるサービス)
訪問系サービス
(在宅で受けられるサービス)
通所系サービス
(通いで受けられるサービス)
居住系サービス
(居住して受けるサービス)
施設サービス
(施設に入所して受けるサービス)
短期入所サービス、看護小規模多機能型居宅介護