かなナビ

通所リハビリテーション

◆写真及び映像の掲載について
写真及び映像は事業所の同意を得た上で掲載しています。

動画が見られない場合はこちらからご覧ください。

在宅の要介護状態の方で、心身の機能の維持・回復のために主治医が必要と認めた方が、理学療法士(PT)や作業療法士(OT)等のいる介護老人保健施設・病院・診療所等に通い、日帰りでリハビリを受けるサービスです。健康チェック・入浴・食事などの提供もあります。

リハビリに加え社会交流の場としての位置づけと、利用者の在宅生活を継続していくために家族の介護負担を軽減するという側面的役割もあります。

介護保険の利用料の他に、食費や日常生活費など利用に応じて実費が必要になります。入浴介助・短期集中リハビリ・栄養改善・口腔機能向上などのサービスを受けた場合や、事業所の体制による加算がつく場合もあります。

*在宅の要介護1~5の方が対象です。要支援1・2の方は介護予防通所リハビリテーションの対象となります。

<平成26年4月現在>6時間以上8時間未満1回の料金のめやす
  • 介護保険自己負担およそ677~1283円程度
  • 食費およそ600~900円程度
  • 日常生活費・おむつ代適宜
※介護保険自己負担は介護度・加算・地域によっても異なります。
▲ご自宅から事業所まで安全に送迎します。
車イス対応の送迎車もあります。
▲まず、看護師による健康チェックがあります。
異常がなければ入浴やリハビリを始めます。
▲皆が集まったら体操で体をほぐします。
▲今日はお手玉を投げるゲームです。
皆で楽しめて、ストレスを発散できるものを取り入れています。
▲充実した設備と専門のリハビリスタッフによる機能訓練が、主治医との連携のもとに行われます。
▲両手にボールを握り、足に重りをつけて、握力と足の筋力を鍛えています。
▲両足でマシンを押して下肢の筋力アップを図ります。
さまざまなマシンを設置しているところもあります。
▲理学療法士(PT)・作業療法士(OT)など、専門職によるリハビリがあるのが通所介護(デイサービス)との違いです。
事業所を検索する

介護サービス紹介

相談サービス
(ケアプラン作成や相談が受けられるサービス)
訪問系サービス
(在宅で受けられるサービス)
通所系サービス
(通いで受けられるサービス)
居住系サービス
(居住して受けるサービス)
施設サービス
(施設に入所して受けるサービス)
短期入所サービス、看護小規模多機能型居宅介護