かなナビ

介護保険のしくみと加入者

住み慣れた地域で自分らしく、安心して暮らす。

介護保険は、市町村が運営し、40歳以上の方が加入します。
地域包括支援センターが中核となり、高齢者の暮らしを地域ぐるみで支える制度です。

【介護保険の仕組みイメージ】
65歳以上の方 加入者 (被保険者) 年齢により2つの被保険者に分かれます。 公的医療保険に加入している 40 ~ 64歳の方 第2号被保険者 市町村 (保険者) ケアマネジャー 連携 保険証の交付 要介護認定や 結果の通知 介護保険料の納付 要介護認定の申請 介護サービスの提供 介護報酬の請求 介護報酬の審査・支払い 介護サービス・介護予防サービス 事業者 地域包括 支援センター 支援 相談 相談 ケアプラン作成依頼 ケアプラン作成 支援 介護サービスの利用 費用の1~3割を支払う第2号被保険者 は1割負担 連絡調整 連絡調整

加入者

年齢により2つの被保険者に分かれます。

65歳以上の方(第1号被保険者)

  • 市町村に介護が必要であると「要介護認定」を受けた場合に介護サービスを受けることができます。
  • 介護が必要となった原因は問われません。

医療保険に加入している40~64歳の方 (第2号被保険者)

  • 国が指定した加齢による心身の変化に起因する16種類の特定疾病が原因で「要介護認定」を受けた場合にサービスを利用できます。

  • 交通事故などが原因の場合は、介護保険の対象外となります。

市町村(保険者)

  • 介護保険料の割賦・徴収
  • 介護保険証の交付
  • 要介護認定
  • 保険給付 など

地域包括支援センター

  • 高齢者が地域で生活できるように支援する拠点。

ケアマネジャー

  • 介護サービス利用の際の相談窓口となってくれる介護の専門家。

介護サービス・介護予防サービス事業者

  • 指定を受けた社会福祉法人、医療法人、民間企業、非営利組織(NPO)など。
  • 在宅サービスや施設サービスなどを提供。

☜ 「介護サービス利用の手順」に戻る